adolf45d.com
第三帝国極悪伝説21オットー・オーレンドルフ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
オットー・オーレンドルフ Otto Ohlendorf 心優しき虐殺者 所属:SD、アインザッツグルッペD隊司令官、後に帝国保安本部第Ⅲ局局長 出身:ドイツ、ハノーファー 階級:SS中将(SS Gruppenführer =グルッペンフューラー) 罪状:アインザッツグルッペD隊司令官として91000人のパルチザン、ユダヤ人、コミュニスト、ロマ・シンティ、その他多くの無辜の殺戮に責任を負う。 1907年生まれ。ナチ党が権力を掌握する前から活動していた古参闘士であり、経済学や法学を専門とするインテリである。 《保安警察及び保安諜報部の特別出動集団(=Einsatzgruppen)》のD隊の司令官として91000人の殺戮に責任を負う超大物戦犯である。 彼の移動抹殺隊の活動地域は独ソ戦開始後の1941年6月以降、第11軍作戦領域(南方軍集団、軍司令官はオイゲン・フォン・ショーベルト、のちにエーリッヒ・フォン・マンシュタイン)を主とし、南ウクライナ(最北はチェルノヴィッツ、南はロストフとクリミアに至る地域)である。 元々、上司の《帝国保安本部(RSHA)》長官、ラインハルト・ハイドリヒによってオーレンドルフは「兵士の厳しさと政治的明確さが欠けている非兵士的な軟弱知識人」と見られていた。ハイドリヒとその上司ヒムラーは「口だけの頭でっかちのインテリ畜生」が大嫌いで、これらSD内の非行動的知識人を血塗られた殺戮任務へ送り込むことで、ナチズムへの無条件の忠誠を強い、彼らが自分たちの反対派となる可能性を奪い、自分たちの忠実な道具にすることを意図していた。 アインザッツグルッペは事実上の懲罰部隊とみる向きもあり、ヒムラーやハイドリヒといった親衛隊の巨頭に睨まれたSDの知識人が多数指揮官として《オストアインザッツ=東部出動》へ追い込まれていた。 オーレンドルフはハイドリヒによって《オストアインザッツ》の命令を受けたが、これを退けた。二度目の命令をも退けた。だが三度目の命令は避け難く、受けざるを得なかったとされている。