adolf45d.com
第三帝国極悪伝説18 第101警察予備大隊 その③ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
第101警察予備大隊の犯罪 その③ ~血にまみれた花嫁~ Das reserve-polizei bataillon 101 その①はこちら その②はこちら トレブリンカ絶滅収容所…この悪名高い殺人工場は101警察予備大隊の本部があったラジニからさらに北へ110キロメートルのところに位置していた。 1942年7月22日、ワルシャワからこの収容所への最初の移送がはじまり、以降は収容所の処理能力限界点まで稼働させられていたが、"ラインハルト作戦"の総責任者であり《ライヒスフューラー》の腹心、《親衛隊及び警察指導者(SSPF)》、オディロ・グロボチュニクはルブリン管区のユダヤ人もトレブリンカ絶滅収容所へ移送することを決定した。ここでその実行部隊として経験を積み優れた死刑執行人と化していた第101警察予備大隊が再度選ばれた。 大隊の守備範囲はラジニ郡内のパルチェフ、ミェンジジェツのユダヤ人たち。彼らが最初の標的とされたのだ。 ウォマジーでの虐殺の日からわずか二日後、パルチェフで大隊はユダヤ人を捜索し、駅まで行進できない老人、病人、子どもをその場で銃殺し、5000人のユダヤ人をトレブリンカへ移送した。 たった数日でウォマジーやユゼフフでの作戦よりはるかに多数の人々を地獄の釜の中に放り込んだにも関わらず、隊員たちは心を乱されることはなかった。移送しただけだから。"視界の外は思考の外" これは本当であった。警官たちの中では作戦自体も比較的平穏に済んだという記憶しかないという。 さらに1942年8月25日から26日にかけて11000人のユダヤ人がミェンジジェツからトレブリンカへ強制移送された。 この作戦で第101警察予備大隊の各中隊、小隊を率いたのはユリウス・ヴォーラウフ大尉である。ヴォーラウフは1913年生まれ、1933年にナチ党と突撃隊(SA)に加入。1936年に親衛隊に入隊し、同年警察将校訓練養成過程に入った。1938年ヴォーラウフは警察少尉となり、42年に第101警察予備大隊に配属された。大隊がポーランドに派遣される直前の42年6月、大尉に昇格。彼は第一中隊を指揮し、大隊長トラップ少佐を補佐する大隊司令官代理を務めた。彼は熱狂的ナチスで、ヒムラーやハイドリヒが理想とした青年SS隊員であった。 ヴォーラウフ大尉