adolf45d.com
第三帝国極悪伝説17 第101警察予備大隊 その② | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
第101警察予備大隊の犯罪 その② ~ウォマジーの虐殺~ Das reserve-polizei bataillon 101 その①はこちら ルブリン管区北東部に位置するウォマジー村は、付近の村々からユダヤ人がかき集められていた。ウォマジーは鉄道駅から遠く、移送するのも一苦労であった。そのため銃殺されることになったのである。これらかき集め作業は第2中隊の仕事であった。第101警察予備大隊の第2中隊長ハルトヴィッヒ・グナーデ少尉も普通のドイツ人に過ぎない。彼は1894年生まれ、運送業者で1937年からナチ党員ではあったが、それ以前の人生の方がはるかに長かったと言える。ウォマジーはユゼフフとは異なり、対独外国人協力者が動員された作戦であった。トラヴニキから彼らが動員された理由は銃殺を担当するためである。彼らが"汚れ"を引き受けることで、ドイツ人の精神的負担を減らすこと。これが最大の目的である。 彼らは親衛隊の保安諜報部(SD)に率いられてウォマジーにやってきた。1942年8月17日早朝、ウォマジーのユダヤ人地区は解体され、ユダヤ人たちは校庭に集められることになった。集合地点まで移動できない病人・老人・幼児・虚弱者はその場で射殺されねばならなかった。1700人のユダヤ人は2時間ほどで集合し、60~70人の若い一団のユダヤ人が選別され、シャベルを持たされトラックに乗せられ森に連れて行かれた。森の中でユダヤ人たちは巨大な墓穴を掘るために作業させられた。他のユダヤ人はその場で何時間も待たされた。 その間に親衛隊将校に率いられた外国人協力者が村に到着した。彼らの多くはウクライナ人であったらしい。彼らはすぐに飯を食い酒を飲み始めた。グナーデ少尉と保安部将校も同じく急ピッチで酒を飲み始めた。 左端の人物がグナーデ少尉 墓穴を掘る作業が終わりに近づくと、校庭で待たされていたユダヤ人たちも1kmほどある森へ、死の行進が始まった。行進はノロノロしており、動かないもの、途中で倒れたものは容赦なく射殺された。 ユダヤ人の隊列が森に到着すると、彼らは性別に分けられ、三つの集合地のいずれかに送られた。そこで彼らは服を脱ぐように命じられた。衣服や貴重品はその場で奪われた。