adolf45d.com
炎628(Иди и смотри) 1985年ソ連 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
※とある同人誌に何年か前に寄稿した記事です 完全武装した軍隊が丸腰の女や子供や老人を皆殺しにする・・そんな卑劣でおぞましいことが本当に起こるのだろうか?そんなことが許されるのだろうか?しかしそんなことばかり起こったのが20世紀という時代だった。「炎628」は1985年のソ連映画だ。当時ソ連領だったベラルーシ=白ロシアにSDの特殊部隊「アインザッツグルッペン」が進駐し、現地協力者と共に戦争終了までに628の村々がそれら完全武装した特殊部隊によって住民もろとも焼き尽くされた。これは信じがたい話だが実話である。この部隊はナチスが領土を広げるたびに国防軍主力の後ろからついていき、ユダヤ人や共産党員、教師や弁護士、医者などの知的階級の抹殺を主任務としており、各占領地で反乱の火種をあらかじめ摘み取ることが目的だったようだ。しかし「ユダヤ人」の拡大解釈、私服で戦う武装ゲリラの存在により、無害な市民と無害な市民のふりをしているゲリラの区別が次第につかなくなり、文字通りの皆殺し作戦となっていったという。 この映画ではナチス・ドイツ占領下のベラルーシで戦いに憧れるとある少年兵が、家族を殺されゲリラに加わるが、ドイツ軍の攻撃を受けとある村へ落ち延びる。そこへアインザッツグルッペンが現れ、村の消滅劇を目の当たりにするという話だ。この映画は東欧作品特有の寒々しさ、説明の少なさなどがあるものの、ドイツ軍やヒトラーに対する丸出しの憎悪が大変美しい狂気を演出している。雄大で美しいロシアの森林に徐々に姿を現すナチス親衛隊の悪夢的存在感。アンドレイ・タルコフスキーの「僕の村は戦場だった」などでも既に確認されていることだが、美しい大自然と戦争がコラボすることで予想もつかない化学反応を起こし、極めて美しく禍々しい映画が出来上がるということがある。おどろおどろしく冷たく湿った緊張感がずっと続くのである。この映画では冒頭からドイツ空軍のフォッケウルフFw189偵察機が頻繁にエンジン音を響かせながらちょくちょく上空に現れ、常に主人公の少年はこの航空機の存在を身近に感じている。その邪悪な存在感は自分の国が外国の軍隊に占領されているということを暗示しているのだ。またこの手の映画ではドイツ軍の軍服に対する誤った考証が用いられるのは珍しくないことなのだが、軍服の考証にいたるまでかなり高い完成度を誇ってい