adolf45d.com
第三帝国極悪伝説15 ヴァルター・レーダー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ヴァルター・レーダー Walter Reder マルツァボットの虐殺 所属:SS第16装甲擲弾兵師団「Reichsführer-SS」 出身:オーストリア=ハンガリー帝国、Freiwaldau(現チェコ) 階級:SS少佐(SS-Sturmbannführerr=シュトゥルムバンフューラー) 罪状:イタリア、マルツァボット村で800人の村民を皆殺しにした。 「やがて来たる者へ」という地味なイタリア映画がある。映画としてはそこまで楽しいものではないが、この映画は北イタリアで起こった「マルツァボットの虐殺」を描いた唯一の映画である。村を襲う《武装親衛隊=WAFFEN-SS》の容赦のなさに打ちのめされることうけあい。暇な人は観て欲しい。1944年晩夏、この平和なキリスト教の村を《WAFFEN-SS》が襲撃し完全に破壊。住民のほぼ全員を虐殺。女も子供も老人も聖職者さえも一切の慈悲なく皆殺しにされた。髑髏師団出身のSS将校"片手のヴァルター・レーダー"率いるSS装甲擲弾兵連隊の犯行であった。 レーダーは1915年、現在でいうチェコで出生。ドイツ国籍を取得後SSへ入隊。SS第3装甲師団(髑髏師団)へ配属される。第二次大戦が始まると、ポーランド侵攻作戦、西方電撃戦に従事し第2級鉄十字章を授与される。 バルバロッサ作戦が始まると髑髏師団第1連隊第11中隊長としてレニングラード戦も経験する。1941年9月には首に負傷するが一ヶ月で前線に戻された。その後も東部戦線で死闘を繰り広げ、1943年にはハリコフの南方付近で激しく左腕を負傷し、結局切断するハメになった。 だが、片腕を失ってもレーダーの戦争は終わらなかった。その後新設のフォルクスドイッチュ(民族ドイツ人=ドイツ国籍を持たないアーリア系のこと)主体のSS第16装甲擲弾兵師団「Reichsführer-SS」へ配属。第36装甲擲弾兵連隊を指揮する。 1944年晩夏、レーダーの連隊は北イタリアにおけるパルチザン掃討の命令を受けて作戦行動を開始した。