adolf45d.com
第三帝国極悪伝説14 ハインリヒ・シュナイダー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ハインリヒ・シュナイダー Heinrich Schneider ユダヤ嫌いのおまわりさん 所属:第309警察大隊 出身:ドイツ、バルメン(=ヴッパータール) 階級:SS大尉(SS-Hauptsturmführer=ハウプトシュトゥルムフューラー)、警察大尉 罪状:ビャウィストクで2200人のユダヤ人の殺害に関与 1914年バルメンにて出生。第309警察大隊へ入隊。ホロコーストに関与したのはゲシュタポやSDばかりではない。通常=秩序警察と呼ばれる一般の警察官も東部戦線に多数動員されてユダヤ人を抹殺していた。《アインザッツグルッペ》に加わるものもいたし、後方の保安任務に就いて各軍区のSSと警察の最高司令部HSSPF(親衛隊=警察高級指導者)に命じられて強制収容所への移送任務や銃殺任務についた部隊も数多く存在していた。第309警察大隊の指揮官ヴァイス少佐は顔写真もみつからなければ詳しい経歴も不明であるが、彼の部隊が犯した犯罪はかなりド派手である。 1941年7月、ソ連、ビャウィストク市で2200人のユダヤ人を虐殺したのである。ドイツ軍のソ連侵攻《バルバロッサ作戦》の前夜、第309警察大隊のヴァイス少佐は部下の中隊指揮官を召集し口頭でいくつかの命令を彼らに告げた。第一の命令は悪名高い《コミッサール指令》である。ソ連の軍・官僚・共産党員・政治委員・人民委員は戦争捕虜であることを否定され、即座に容赦なく処刑されねばならないのである。第二の命令は《バルバロッサ命令》と呼ばれる。それはソ連の文民に対する軍の行動を軍法会議の管轄から解き放ち、ロシアの村落に対する集団的報復をはっきりと是認するものであった。この命令は事実上のロシア人民に対する射殺免許に他ならなかった。 更にヴァイス少佐はこう続けた。"この戦争はユダヤ人と《ボリシェビキ》に対する戦争である"ユダヤ人は情け容赦なく処刑されなければならない。少佐の考えでは《総統》の命令の意味するところは、ユダヤ人は年齢や性別に関わりなく、すべて撲滅されなければならないのであった・・。