adolf45d.com
第三帝国極悪伝説11 ヘルマン・プファンミュラー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ヘルマン・プファンミュラー Hermann Pfannmüller 独自の飢餓セラピーを考案した突撃隊医師 所属:エグルフイング施設長 出身:ドイツ、ミュンヘン 階級:ナチ党員。精神病理学者。医師。突撃隊医師中佐(Sturmbannarzt der SA)※自信なし 罪状:エグルフイングにて施設内の身体障害者・精神障害者・小児を飢餓に追い込んで400人以上を餓死させた 日本の鬼親もしばしば自分の子を餓死させているのは皆さんもよく知っていることと思う。ぶん殴って殺すよりは何もしないで自然に死なせるほうが寛大であると感じているヒトがいるかどうかは知らないが、ネグレクトによる虐待は保護責任者遺棄罪、遺棄致死罪がついたとしても殺人よりははるかに軽い罪ですむ。それがどれほどの破滅的誤りであるか教えよう。KGBの拷問で一番ツライのは何か?という話しがあって、それは「何もしないこと」だ、という話しがある。何もしない。何もせず何も与えず閉じ込めておく。しかしこの話しは確か食事はしっかり与えるのである。だが何もできないというのは相当人間のメンタルを揺さぶるらしく、囚人はじきに何か話させてくれ!自白でも何でもするから話し相手になってくれ!と看守にすがるようになるという。飯を食っててもだよ?余談が過ぎた。 ミュンヘン、ハール州立精神病院内のエグルフイング施設にかつて「T4作戦」の実行地があった。「T4作戦」はナチの歪んだ優生学に基づく、身体障害者・精神障害者・発達障害児童の抹殺作戦である。これは39年のポーランド侵攻以前からドイツ国内で水面下で実行されていた。ここではこの程度の説明に留めたい。この男、ヘルマン・プファンミュラー、1886年ミュンヘンにて出生。1933年ナチ党に加入。彼は当事より「価値のない命」の概念を強く信じており、T4作戦にも当初から参加していた。「価値のない命」、「哀れな患者」の抹殺に加担したのである。 彼は「無駄飯ぐらい」(特に小児)を殺す方法として特殊な飢餓セラピーとでもいうような方法を研究していた。 こんなエピソードがある。 1939年に心理学の学生がエグルフイングの施設内に見学実習に来た。プファンミューラーはその際学生を小児病棟へ案内した。その時に学生が目にしたものとは・・戦慄の証言である。