adolf45d.com
第三帝国極悪伝説09 フリッツ・クノッホライン | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
フリッツ・クノッホライン Fritz Knöchlein 髑髏部隊出身のSS将校 所属:SS第3装甲師団「髑髏」、第2SS髑髏連隊「ブランデンブルク」、第1大隊、第14中隊。後に第16SS装甲擲弾兵師団「SS全国指導者」に所属。 出身:ドイツ、ミュンヘン 階級:SS中佐(SS-Obersturmbannführer=オーバーシュトゥルムバンフューラー) 罪状:西方電撃戦の際に捕虜にした英軍「ロイヤルノーフォーク」連隊の隊員97名を虐殺 SSには髑髏部隊という強制収容所の監視部隊がいた。ボスはテオドール・アイケSS大将で、軍隊が大嫌いのアイケは髑髏部隊の隊員に独特の規律を叩き込んだという。ドイツの最初の強制収容所はダッハウだが、髑髏部隊は最初たった100人ちょっとの規模でしかなかった。しかし強制収容所が全国に展開していくとその監視部隊も自然の流れとして増員していった。 1940年の西方電撃戦の際には5個連隊にまで規模が膨らんでいた。そして髑髏部隊は国内の治安維持をする警察という当初の性質に加え、準陸軍組織としての性質を加味した武装親衛隊の一員となっていく。 だが髑髏部隊は実に独特の組織であった。ただの警察でもなかったし、軍隊として軍人精神を叩き込まれたわけでもない。髑髏部隊はナチ党に反抗する「内部の敵」と戦う兵士としての態度を求められ、敵に対する寛容さは弱さの印であるという信念を徹底的に叩き込まれていたのである。 フリッツ・クノッホラインは1911年ドイツ、ミュンヘンで出生。そんな非情な掟に縛られた髑髏部隊の第2SS髑髏連隊「ブランデンブルク」隷下の第14中隊長として西方電撃戦に参加した。 1940年5月27日、主力からはぐれた遠征英軍「ロイヤルノーフォーク」連隊の一部とクノッホラインの中隊との間で戦闘が起きる。ラパラディと呼ばれる地方の農家で主力とはぐれたノーフォーク部隊の一部は中隊以下の規模にまで戦力減耗し、弾薬尽き果てついに降伏を決断する。 西方電撃戦当時のクノッホライン。当時の階級はハウプトシュトゥルムフューラー(SS大尉)。襟の髑髏の徽章は髑髏部隊に独特のものである。