adolf45d.com
第三帝国極悪伝説04 ヨーゼフ・メンゲレ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ヨーゼフ・メンゲレ Josef Mengele 死の天使 所属:第5SS装甲師団軍医→アウシュビッツ強制収容所医師 出身:ドイツ、バイエルン 階級:SS大尉(SS-Hauptsturmführer=ハウプトシュトゥルムフューラー)、医師 罪状:アウシュビッツでの数々の非道な人体実験、数多の囚人の処刑 「死の天使」と恐れられたナチス親衛隊医師、SS大尉。アウシュビッツ収容所に勤務し、数々の残虐な人体実験と囚人の処刑に関与。制服をしっかり着込み、白い手袋を着用した優雅な姿で、アリアを口ずさみながら囚人を「選別」したという死の天使…メンゲレはイスラエルの諜報特務局モサドの追撃を振り切り続け、遂に裁かれることなく闇に消えた。 1911年、バイエルンで出生。 当時のドイツ知識人は複数の大学に同時に通って別々の研究に従事することが多かった。彼もミュンヘン大学など三つの大学で遺伝学、医学を研究した。アルフレート・ローゼンベルクの人種理論に惹きつけられ、ナチのイデオロギー信奉者になると著名な遺伝学者オトマール・フォン・フェアシェアーに師事するためフランクフルト大学へ移る。 このころナチ党へ入りSSにも入隊。戦争が始まると武装親衛隊へ志願、第5SS装甲師団「ヴィーキング」へ配属される。が、東部戦線で負傷し、前線勤務は適さないと判定された。1943年アウシュビッツに医師として勤務することになる。囚人が汽車でアウシュビッツに到着すると、ホームでまず最初の選別が行われる。労働に適すか、すぐにガス室か、それともモルモットか…そのような選別はメンゲレをはじめとした医者の仕事だった。他の医者はこの陰惨な選別作業を嫌ったがメンゲレは嬉々としてこの作業に参加した。アリアをくちずさみながら… メンゲレは立身出世や師であるフェアシェアー教授に実験結果を報告するなどの理由で数々の残酷人体実験を囚人に行っている。また、純粋なアーリア人種の数を増やすことを目的にしていたとも言われる。