adolf45d.com
"レッドステイト" 何より怖いのは共和党! | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
これはやばい! ケヴィン・スミス監督の2011年作品で、日本ではシッチェス映画祭ファンタジックセレクションで初公開された。 恥ずかしながらシッチェス映画祭というものを知らなかったおれなのだが、これは素晴らしい。原形は「マニアック2000」のようなチャラいガキが遊び半分で田舎に行ったらひどいめにあうといういわゆる"田舎ホラー"のど定番なのだが、型にはまらない演出とありそうでなかったストーリーに感激してしまった。 だいたい田舎で遭遇するのは人食いのクリーチャーやシリアルキラーというのが定番である。だがこの映画はいかにも共和党を支持してそうなカルトキリスト教団体(それもショボい)で、エロガキはこのカルト団体に折檻されてしまうわけだが、低俗なバカホラーにはなっていないのだ。 高校生三人が出会い系でひっかけた女とヤりたい一心で車を走らせるが、そこでビッチと飲んでいたら意識を失いカルトの本部へ拉致される。縛られ檻に入れられ一体なんなんだこいつらはという話だが、このカルト団体はクソ真面目かつファンダメンタルなキリスト教信者たちであった。聖書に書かれてあること!正しい!聖書に書かれてないこと!全部ダメ!ゲイ?ソドミー?んなもん許さねえ!絶滅させてやる!!素晴らしき神の国のため!エイメン!…とまあむやみにエネルギッシュで世俗主義の世間に対し敵意むき出しなのであった。 神の名の下ライフルで武装し、不信心者を秘密裏に拉致しては公開処刑を繰り返す毎日であった。いかれた教祖がいい感じ。 この映画、宗教に対する狂信を描いたという意味ではうまくて、このカルトがもしもイスラム教団体だったら、政治的になりすぎてネタ映画にならなかったであろう。だが、アメリカもキリスト教原理主義はディープサウスや共和党支持者の多い州で密かに活発であり、これらの州は"レッドステイト"と呼ばれるという。。アメリカの田舎はこええ、、 ちなみに民主党支持者の多い州は"ブルーステイト"ということになる。