adolf45d.com
第三帝国極悪伝説02 ラインハルト・ハイドリヒ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ラインハルト・ハイドリヒ Reinhard Heydrich ヒムラースヒルンハイストハイドリヒ "ヒムラーの頭脳、その名はハイドリヒ" 所属:SD(親衛隊保安諜報部)長官、後にRSHA(帝国保安本部)長官、ボヘミア・モラヴィア保護総督 出身:ドイツ、ハレ 階級:SS大将(SS Obergruppenführer=オーバーグルッペンフューラー) 罪状:ユダヤ人・少数民族の絶滅を指揮、プラハの虐殺、ポーランドに対する陰謀、ソ連に対する謀略、他多数 最も悪名高いSS隊員である。金髪の野獣、悪魔、プラハの虐殺者などあだ名も多数。大した組織でもなかったSSを異常に巨大化させ、ドイツ警察と統合し、ドイツの国家情報機関に成長させた、典型的冷酷なやり手である。 1904年ドイツ、ハレにて出生。両親は音楽家。厳格なカトリック教育を受けるがそのおかげか生まれついての反骨か、カトリック大嫌いな少年に成長する。第1次大戦時まだ少年だったハイドリヒは従軍しなかったが、15の頃に既に反ユダヤ的国粋主義団体に加盟していた。音楽家の両親の影響でヴァイオリンの名手になる。 ハイドリヒは18でアビトゥーア(高校みたいなもの)を終えると海軍に入隊する。彼は「ブロンドのジークフリート」というあだ名がついた一方、ユダヤ人という噂も付きまとい「ブロンドのモーセ」と呼ばれることもあった。彼の祖先にユダヤの血が流れているという噂は終生彼に付きまとう。が、実際は単なるデマだったそうである。海軍で順調に出世し中尉に任官したが、病的に女好きのハイドリヒは色んな女と肉体関係を結んでいた。その中に手を出したらやばい令嬢もいたようで「品位なき態度」を問題視されて海軍をクビになる。完全に将来への道を絶たれた彼は26歳のその頃、ただただ途方にくれていた。 ハイドリヒは妻リナのコネで情報将校を探していたヒムラーと面接し、うまいこと採用される(通信将校だった彼が情報部員と間違われるという偶然はその後の悲惨な歴史を考えれば悪い冗談というか悪夢のようでさえある)。 ヒムラーは若干27歳のその若者に親衛隊IC部(SDの前身です)を委ねた。