adolf45d.com
第三帝国極悪伝説01 ハインリヒ・ヒムラー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ハインリヒ・ヒムラー Heinrich Himmler ≪意志≫の代行者 所属:SS、内務省 出身:ドイツ、ミュンヘン 階級:SS全国指導者(Reichsführer-SS)、全ドイツ警察長官 罪状:ユダヤ人の絶滅を指揮・実行。600万人のユダヤ人と数え切れないほどの少数民族、反体制派、精神・身体障害者の命を奪った。 ナチスドイツ最悪の暴力機関「親衛隊」の最高指導者である。田舎の校長先生のような風貌の通り、性格も真面目な公務員タイプだったそうで、彼の人柄からそのとてつもない犯罪を想像することは難しい。だがSSの歴史は彼の人生であり、SSの犯罪は彼の犯罪である。 1900年10月7日、ミュンヘンにて出生。ハインリヒの名の由来はバイエルン王家のハインリヒ王子が名付け親となり、その名をもらったからである。 第1次大戦が勃発した時、彼はまだ14歳で前線に出ることはできなかったが、軍を率いてみたいという彼のロマンチックな夢は膨らむ一方。1917年になって父親に無理を言ってバイエルン歩兵第11連隊に入隊。しかし実戦の名誉は与えられず、訓練中に終戦を迎える。 終戦を迎えてからはミュンヘン工科大学で農業(農業にはめちゃくちゃうるさかったらしい)を学んだり恋をしたり食道楽にふけったりもした。しかし軍人になって実戦で部下を率いてみたいという彼の欲求は死んではおらず、二十歳の頃ミュンヘン市民防衛軍に入隊。1922年ごろ後の突撃隊(SA)指導者エルンスト・レーム※に出会う。レームは同性愛者だが、若者をひきつけるカリスマ性があったという。ヒムラーはレームに夢中になり、レームに自らの全てを捧げようと決心する。レームの勧めで「帝国国旗」という国粋主義団体に入り活躍する。しかしミュンヘン一揆が失敗に終わりヒトラーやレームが警察に逮捕されると彼は主人を失った犬のように迷走する。 ※レームは後に「長いナイフの夜」でヒムラーの命令によって銃殺される ヒトラーが1924年に出獄してあっという間に新生NSDAP(ナチ党)を結成すると、ヒムラーは新しいアイドルを見つけたと感じた。 ナチ党に入党したヒムラーは下バイエルンの宣伝担当※秘書の仕事に月給120マルクで就き、真面目に働いた。ヒトラーは彼の仕事ぶりを評価し、ナチ党でのヒムラーの地位は向上した。 ※グレゴール・シュトラッサー