adolf45d.com
ブラックメタルを聴きやがれ!!④ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
第3章 ブラックメタルと国民社会主義 ※↑画像はドイツのNSブラックメタルバンド「KATHARSIS」の4thアルバム「fourth reich」のジャケット。第四帝国・・サタニズムとナチズムの融合を最も端的に表すアートワークだろう。 ファシズム=ナチズム=国家社会主義=国民社会主義=民族主義=NS(national socialism)・・※ブラックメタルの世界ではどういう表現されようと↑の単語たちはだいたい同じような文脈で用いられます。これら極右政治思想とブラックメタルは結びつきやすい。前ページでも述べたが、反キリストは固有の文化の憧憬へとつながり過剰なナショナリズムと結びつく。ここで気になるのは彼らブラックメタル・ナチがどれほど本気なのかということである。前ページでヴァーグ・ヴァイカーネスが幼少期よりドイツ好きで白人優越主義的家庭で育ち、反キリストからペイガニズム、ナチズムに思想を変遷させていったことを簡単に書いた。 ヴァイカーネスはブラックメタル・シーンにおける最重要イデオローグで、彼の思想を真似るフォロワーも多数現れている。 その大きなきっかけとなったのが1997年のヴァイカーネス救出未遂事件である。 97年、「アインザッツグルッペン※」と名乗る極右組織構成員5名が逮捕される。彼らはノルウェーの政治高官、司教、著名人などに実力行使をする計画を立てていた。その計画の中にはヴァイカーネスの救出作戦も含まれており、彼らは民兵組織に必要なアクセサリーを全て所持していた。鉄ヘルメット、防弾チョッキ、銃弾ベルト、スキー用マスク。ショットガン数丁とダイナマイトも押収されている。その後の捜査でAK47突撃銃やライフル、拳銃などが発見された。 警察は更に200万円相当の軍資金も見つける。これはヴァイカーネスの母親が提供したものだった。 ※アインザッツグルッペンとはナチス親衛隊の特殊部隊で、大戦中、占領地における反乱分子の撃滅と防諜を主任務としていたが、そのうち全ユダヤ人、全共産党員、普通の民間人にまで魔の手が及び、恐怖を撒き散らした悪名高い最悪の部隊である。 この件に関してヴァイカーネスはテレビインタビューを受け、以下のように語った。