adolf45d.com
ポーランド・ドイツ旅行記⑥ 6日目 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
この旅行も実質今日が最終日です。明日には帰りの飛行機に乗って帰るだけなのですから。。今日はオラニエンブルクのザクセンハウゼン強制収容所跡地に行くことにしました。 かなり迷った末の決断。。オラニエンブルクに行くことでまさに一日の半分はそれに費やされてしまう。。本当はユダヤ博物館やホロコースト記念館、東ドイツ博物館、シュタージ博物館など行きたいところは山ほどあるのだが…ザクセンハウゼン強制収容所はそれらを諦めるに足る所なのか… 迷っている時間はありません。早朝、朝飯を食いにビュッフェに向かいます。レストランはないくせに朝飯はしっかり出てきました(笑)。 申し訳ないけど味はポーランドよりかなり劣るように思いました。メニューもさらに少ないし。だが貴重なカロリー摂取パートですから(笑)もう食えるだけ食いましたけど、スクランブルエッグの味は微妙。ポーランドは半熟でフワフワしていたのに対し、もはや卵焼きかというぐらいに固いスクランブルエッグでした。 別にうまそうじゃないよな・・ 加えて、人が飯食ってる横で臆面もなくデブの白人クラークが黒人のメイドをなんか説教してるんだよね。説教というか嫌味のような…ドイツ語だからなんつってっかはわからないけど、ネチネチクドクドしつこいのそれが。延々延々言ってるの。非常に嫌な気分ですよ。飯もまずくもなろうというものです。こいつら有色人種を舐めすぎじゃないか? さて、荷物をまとめてホテルを出発です。外は大雪!何じゃこりゃあ?! これは…電車とか止まってやしないだろうな… それらの情報を入手するあてはまったくない。とりあえずKonstanzer starbe駅に向かい、フリードリヒシュトラーセ駅を目指す。そこから一本でオラニエンブルクにSバーンで直行できる。路線図を見てれば意外とそういうことはすぐにわかったのでとりあえず乗りました。