adolf45d.com
ポーランド・ドイツ旅行記⑤ 5日目 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
本日でポーランドともお別れです。次なる目標はドイツ首都ベルリン。遂にこの土地の土を踏む日が来たか…。ボクにとってドイツというのは興味の尽きない国。長年ドイツの歴史ばかり気にして生きてきました。 男子たるもの人生のどこかでドイツに夢中になる時があるもんだ。本当かよ!さあいざ! 朝飯を食います。ここのホテルのビュッフェがうまいのは前日体験済み。飯だけでなく、清潔でオサレでアメニティも充実してました。 さあ、昨日おとといと昼飯を食えなかったわけですが、今日も不安な移動の日。今日ももしや昼飯食えないほどのトラブルに見舞われることもありうる… いっぱい食おう! スクランブルエッグは毎日食いましたね。 甘い食べ物は旅行中あまり口にできないので貴重でした。 そうと決まればもう食いたいだけ食います。スクランブルエッグにジャムドーナツ、ケーキ、ベーコン、ハム、ソーセージ…海外の食物は味が薄いからまずい…よく聞くアレですが、別に味は薄くない。むしろ結構うまいでしょう。日本人が飯で不満なのは米が滅多にないからでしょう。固くてパサついたパンばかり食わされるんだもん。朝も昼も夜も…これはかなりこたえます。たかだか一週間でも相当うんざりしました。それ以外ではまあ特に不満はないです。 さあ食いすぎなぐらい腹に詰め込みまして、さっそくクラクフ・バリツェ空港に向かいます。もう道に迷うのは嫌なので(笑)フロントでタクシーを呼んでもらいました。空港までは80ズロティです。固定?だったみたい。ちょっと高い気もしましたけどまあタクシーは抜群に楽ですね。不安もないですし。トランクは担いでくれますし。空港には20分ほどで到着しました。思ったより近いんだよな〜。 タクシーの中から一枚。寒そうでしょ? だがだいぶ時間に余裕を持たせすぎたため、早くつきすぎました。ベルリン行きの航空会社は"エアーベルリン"です。バリツェ空港はメチャクチャ小さなこじんまりとした空港で、エアーベルリンの専用カウンターなどはありません。そのことに気づくのも大変でした。一人旅は基本すべて手探り。。大変ですよ〜。この日ほどそれを痛感した日はありませんでした。ドイツはポーランドよりはるかに…いえ、まあいいですよ。