adolf45d.com
ポーランド・ドイツ旅行記④ 4日目 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
今日はいよいよアウシュビッツ博物館を周る日ですね。 というかもうこちらにいろいろ載せてしまっています。興味がある人はみてみてください。けっこう精神衛生上えげつないと思いますが。。 さて、今日は朝9時にガイドが来ることになっています。送り迎えをやってもらうのです。それまでは時間があります。壮絶な時差ボケで朝2時にはぱっちり目が覚めていた私は6時には朝飯を食いに食堂に行きました。ビュッフェ。つまり食い放題。バイキング形式です。これほど男の食欲を完璧に満たすものがあるでしょうか?大好きです(笑)。 朝一番だから。人がいませんね。 美味かったよ。 シリアルですね。 スクランブルエッグはやはり最高の味です。 9時。ガイドが迎えに来ました。今回のガイドはワルシャワの時とは段違いに愛想が良い上美人でしかも若い(笑)。どうやらあたりでした(笑)。金髪のスーパー美人でした。・・ ・・・ えー時刻は16時です。 アウシュビッツの観光は14時過ぎには終了しました。冬季は15時か16時までしか観光できないそうなのです。。といってももう少しじっくり観ていたかったのだが、ガイドが帰るというのだから帰るしかありません。それにもう十分です。ゲップが出るほど堪能しました・・。昼飯食う時間すらくれなかったのには・・その時は「まずいサンドイッチなんか食いたくもない」と気にもとめてませんでしたが、あとでじわじわきいてきます。 それよりもいい情報を。ガイドが言うにはクラクフのカジミエージュ地区は「シンドラーのリスト」のロケ地にも選ばれたシャレオツな街だということです。旧ユダヤ人地区で、ただ歩いているだけでもけっこう楽しいらしい・・アウシュビッツからクラクフ市街まで1時間半~2時間程度です。2時に観光が終わったとは言え、街に戻ったのは16時。今回はガイドに甘える予定だったので地図は持ち歩いていませんでした。カジミエージュ地区までの移動・・頼みの綱はアイフォンだけ。アイフォンはまだ電池は60%以上ありますが・・ろくに使っていないのに・・つうか機内モードにずっとしてたのに何故60にまで減っているのか・・この時はまだピンと来ていなかったのですよ・・。もう時刻も16時。じきに暗くなってきます。ホテルに帰って地図を取りに行く時間のロスを惜しんだ私のミスなのですが・・このあと道に迷うことになります・・。