adolf45d.com
ポーランド・ドイツ旅行記② 2日目 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
深夜ようやく眠りにつきましたが、自分にしてはよく眠れた方です。6時間ほど寝たと思います。さあ、昨日の疲れも取れぬうちから観光する余裕があるのか疑問でしたがそうも言ってられません。ワルシャワに滞在するのは明日の早朝まで。観光できるのは今日だけなのです。 ビュッフェで朝飯です。ポーランドは基本言葉は通じません。ホテルの人は英語が使えますけど、おれが別に英語が得意ということでもないので(笑)。 朝飯はなかなか豪勢ですね。特にスクランブルエッグが生来よりの好物でして、山盛り食いました。後はハムやトマト、パンと言った感じです。パンはかさついてて乾燥しててまずかったです。後はおおむね美味だったですよ。珍しかったのはヨーグルトとサラダを混ぜたペースト状の物体(笑)。味はプレーンヨーグルトそのままでした。まあまずくはないです。 九時からガイドを雇っています。この人にポーランドの常識とか色々聞こうと思っていたので、特に必要ないかなとも思っていたのですが雇いました。 これは正解でしたね。この人が本当いろいろ世話焼いてくれましたし、短い時間で効率よく行きたいところにも行けました。まあ無愛想でしたけど(笑)。日本人の礼儀ただしさの感覚を捨てなければ欧州では傷つくと思います。基本向こうの人は"ぞんざい"で"無愛想"です。基本アジア人が嫌いなのかもしれません(笑)。 最初訪れたのは"無名戦士の墓"です。ワルシャワ蜂起をはじめとしたポーランドの歴史上の戦争、そこで命を落とした無名の兵士たちの犠牲を弔う場所です。シンプルな祭壇のようなところで兵士二人が直立不動で立っていました。一時間ほどで交代するそうで、その儀仗兵交代の様子も観光のハイライトになるようですが、今回は時間がなく見ることはできませんでした。 "ノルマンディー"とありますね。 次に訪れたのは、"ワルシャワ蜂起記念碑"です。まあ記念碑がどーんと立っているだけで見所は少ないですが(笑)、その横にある教会、これが戦争で失われた命を弔うために作られたものだそうで、ワルシャワにはこういう慰霊の施設がいたるところにあります。