adolf45d.com
ABSURD-FACTA LOQUUNTUR | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
※過去ログ復旧分 ドイツの最も古いNationalSocialistブラックメタルバンドとして高名である。 東ドイツ出身のメンバーは長いこと社会主義政権下で抑圧的な生活を強いられていた。そんな彼らの「反抗」は悪い悪いと教えられてきた「愛国心」であり、ナチ思想であり、反キリストであった。実際このバンドに限らずネオナチは東ドイツ出身者が圧倒的多数を占め、頭髪をそって暴力事件をしょっちゅうひき起こす彼らは俗にスキンヘッズと呼ばれる。そんなスキンヘッズがブラックメタルと出会い、Oiパンクと融合させたかのようなサウンドを作り出す。それがこのNSブラックメタルと呼ばれる狂気のメタルであり、その始祖がこのABSURDである。 ドイツはナチ思想が違法であり、公的な場でナチ思想をお披露目すれば逮捕されてしまう。実際このアブサード(=非常識)はメンバーが17歳の頃同級生を殺害、その後バンドとレコードレーベルはネオナチ思想を疑われ官憲の手が入り、CDのほとんどは押収されてしまった。それがこの1stであり、というわけで初回盤はブラックメタルの世界の中でも最もレアなCDとして知られる。と言いつつその後何度も再発され島国の猿にも容易に聴くことができるのだが。 サウンドはいわゆるブラックメタルの型にはまらない。おれが思うに最もブラックメタルの定番パターンからはかけ離れた個性的サウンドである。つうかこれはパンクとかハードコアとかいうのでは・・それもかなりオールドスクールな・・。 ドラムとベースはミドルだがテンポよくドコドコリズムを刻み、ギターはひたすらノイジーでチープ。高校生がコピーバンドで使っている安物のアンプのような生々しいが安い音質。ボーカルはその辺の兄ちゃんがタバコと酒かっくらいながらヤケクソでがなりたててるかのようなだみ声。でもノーマルヴォイスでしっとり歌いあげたりもする。 初めて聴いた時はは?なんじゃこりゃ?ブラックメタルじゃないだろこれ?とひたすら不思議な気持ちであった。 しかしおれはハードコアやパンクもけっこう聴く人なので特に抵抗なく普通に聴いていたら、けっこう地味でもったりしてるけどメロディがキャッチーでとっつきやすくもあるサウンドだとすぐわかった(笑)。ブラックメタルだと思わなければ普通にイケル音っしょ。と特に深いことも考えずヘビロテしていたのだった。