adolf45d.com
軍服とファッション ② | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
さて、特に需要もないファッション講座第二弾である。もう書いてる本人もどうでも良くなっている状況だが、この際ヤケクソでぶっこみたいと思う。 さあ、今日のお題はレザージャケットである。 レザージャケット… 独軍ファンでレザージャケットを好まない者はいない、とこの際断言したい。軍服の上からはおるレザージャケットの黒く艶かしい光沢。白黒写真でさえそのカッコ良さは明らかである。 レザージャケットならなんでも独軍風なのかと問われれば、完全にそれは言い過ぎも甚だしいのだが、なかなか奥の深い世界であり、酔狂に語ってみよう。今酔ってるし。 レザージャケットといえば、下手に下手なのを着ると本当に北斗の拳のようになってしまう。ここはかなり慎重さが求められる。 慎重さが求められるもう一つの理由はレザーものはクソ高いからである。フェイクレザー?なにそれ。食えるの。 え?偽物はおって何が楽しいの? 本物に決まってるでしょ?? 本物の死んだ動物の皮を羽織る。そのデスメタル的残虐性こそ、今草食草食と男権の凋落著しい昨今に求められているファクターである(ほんとかよ)。 というわけで、本物の革はクソ高い。失敗の許されない買い物である。貴方がリーマンなら一月分の給料は覚悟せねばならないだろう。そんなわけで気合いを入れて欲しい。背後にはボルガ川しかない。敵に背を向けるものはNKVDがもれなくしゃさ… はいはい!もういいです!またそれちゃうんで!さっさといきます! ①なんの革か なんの革か。んだおらー! チン×の皮じゃねーぞおらー! というわけで、なんか長くなってきたので次回に続く。続かないかも。さよなら。