adolf45d.com
ドイツ・チェコ旅行記 完結編 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
7月20日(帰国) 長い持久戦も今日で終わりだ。今回はトラブルが少なくガンガンまわれたおかげで、耐久力を試される場面が多かった。 キツイ日差し、時差ぼけで眠れぬ中、ひっきりなしに歩き回り、電車に飛び乗り、バスを乗り継ぐ。 若くねえと無理だな。ジジイになって定年になってそれから外国を添乗員つきでノンビリまわる。まあそれが楽だろう。だが前回と今回のような無謀旅行は若いうちでなければやや危険ではないかと思う。おれは健康だからいいが、何か持病を抱えての欧州行のエコノミークラスはかなりしんどいと思う。楽しむことは難しいだろう。 プラハの飛行場に着きました。帰りもルフトハンザです。はやく来すぎたようでキオスク(機械)でチェックイン。すると当然のようにエラーが(笑)。 20歳そこそこぐらいのクソガキのドイツ係員に訴えかけるが、クソめんどくせえって感じでろくに話も聞かない。エラー起こした機械を一瞥だにせず、「ここ並べや」の一言である。並んだ先は手荷物受付所。チェックインまだなのに荷物預けてどうすんの?!と思って再度確認するが「大丈夫っつってんだろ〜?」とあしらわれるのみ。(本当にそんな言い方なのである) まあ結果的には問題なかったのだが、、サービスってなに? プラハを離れ、フランクフルト空港へ。そこから成田行の飛行機に乗ります。 フランクフルト空港に着いた時、出国審査官だと思うんですが、これが絵に描いたようなゲシュタポい警察官でして、まだ若いんだけどすげえ威圧的なのね。順番に並んでパスポートとボーディングパスを渡すじゃないですか。 するとその警官、無言でパスポートを見たまではいつもと同じだった。しかし、ハンコを押してパスポートを返してくれたはいいが、はさめてあったボーディングパスがない。だから返してくださいプリーズとそりゃあ言いますよおれも。言わなきゃえらいことになるだろ。そしたらその警察官はおれのボーディングパスをポイっと放り投げやがったんだ!文字通りの意味だよ!それも忌々しそうにな!いや〜な顔して。 おれはしばし呆然とし、チケットを持って去ろうとしたが、その一瞬目があったんだよ。その警察官と。するとその警察官はおれに向かって 「あぁ?!なに見てんだてめぇ!文句あんのか?!」