adolf45d.com
ドイツ・チェコ旅行記④ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
7月17日(水) 朝4時半・・ごそごそを身支度をするおれであった・・。 今日でもうミュンヘンはおさらば。今からチェコの首都プラハへ行くのだが、飛行機が9時半なのである。7時半にはチェックインとかせにゃならん。。忙しくなるぞ・・当然だが憂鬱である。 Sバーンで空港へ。早く着きすぎたようでチェックインまでけっこう待つ。飛行機へ。 うわあ・・プロペラ着いてる・・。こんな小さな飛行機初めてかも・チェコ航空の飛行機は想像以上に小さかった。 しかし飛び立つと快適。特に揺れないし30分ぐらいで降下をはじめた。特に何のトラブルもなくプラハ空港へ。 プラハのタクシーはぼったくりがひどいとかで危険・・そういう噂を幾度となく聞いた。しかし空港内の無線タクシーは安全で特にチップもいらんという。そういう情報だったので信じて空港のタクシーカウンターまで移動。結果本当に良心的価格でホテルまで運んでくれた。これはぜひオススメしたい。 ホテルに着いたがまだ11時半である。チェックインは15時からだよな〜荷物預かってもらおうと思ったら、何ともう入れるという…。これは嬉しい!部屋に荷物をおいて昼食へ。 ホテルそばの適当なレストランへ入って昼食。 なんと日本語メニューがありました。 う〜む高い…これで2500円ぐらいする。これは気をつけねば… さて、時間があるのだからユダヤ人地区へ移動。ピンカスシナゴーグという場所に明日行く予定のテレジエーンシュタットで収容されていた子供達の描いた絵が展示されているという…。とりあえずそこへ向かう。 途中通りがかった火薬塔で一枚。 歴史が感じられますなあ… プラハは街並みがメルヘンチックで素敵でしたね〜(月並みな感想)