4jhb.com
1981年に坂本龍一が選んだ140冊の本 | 四畳半文庫
先日TwitterのTLを眺めていたら、1981年に当時29歳の坂本龍一がおすすめの本140冊を選出しているチラシの画像を見つけました。どうやら紀伊國屋書店による企画だったようです。 「坂本龍一が選んだ。坂本龍一の世界が見えた。The 龍一 BOOK HUNTING」と題されたこのチラシは、残念ながら誤字脱字があったり、分野別に整理されておらず見にくかったり、35年後の今日から見ると書誌情報の追加が必要だったりと難点があるので、これらの不備を補完してみました。 案外に詩集が多いことと数学書が含まれていることが興味深いですね。 「坂本龍一が選んだ。坂本龍一の世界が見えた。The 龍一 BOOK HUNTING」 【音楽】 柴田南雄『楽のない話——柴田南雄自選著作集』、全音楽譜出版社、1976年。 柴田南雄『音楽の骸骨のはなし——日本民謡と12音音楽の理論』、音楽之友社、1978年。 高橋悠治『ことばをもって音をたちきれ』、晶文社、1974年。 藤井知昭『「音楽」以前』、日本放送出版協会、1978年。 諸井誠『ロベルトの日曜日』、音楽之友社、1972年。(後、中公文庫) T・W・アドルノ(三光長治、高辻知義訳)『不協和音』、音楽之友社、1971年。(後、平凡社ライブラリー) ヤニス・クセナキス(高橋悠治訳)『音楽と建築』、全音楽譜出版社、1975年。 ルートヴィヒ・クラーゲス(杉浦實訳)『リズムの本質』、みすず書房、1975年。 ジョン・ケージ(近藤譲訳)『音楽の零度』、朝日出版社、1980年。 ジャン・コクトー(坂口安吾、佐藤朔訳)『エリック・サティ』、深夜叢書社、1976年。 R・マリー・シェーファー(高橋悠治訳)『教室の犀』、全音楽譜出版社、1980年。 アルノルト・シェーリングほか(皆川達夫訳)『西洋音楽史年表』、音楽之友社、1971年。 ポール・クレストン(中川弘一郎訳)『リズムの原理』、音楽之友社、1968年。 クルト・ザックス(皆川達夫、柿木吾郎訳)『音楽の起源』、音楽之友社、1969年。 エルンスト・トッホ(武川寛海訳)『旋律学』、音楽之友社、1953年。 ジョン・ブラッキング(徳丸吉彦訳)『人間の音楽性』、岩波現代選書、1978年。