shortnote.jp
夏の風物詩 by たかのん | エッセイ投稿サービスShortNote(ショートノート)
今から10年以上前。晴れた夏の日の夕方。中央分離帯のある片側二車線、緩やかな左カーブの道を走っていた。 そこに突如現れた逆走セダン車。 ハンドル切りながら目いっぱいブレーキ踏んで避けようとする。...
たかのん