yasugimichikusa.com
やすぎのやすらぎ人に出会う 子どもの本 つ〜ぼ 店主 市ヶ坪裕子さん | 安来みちくさ便り
今も伝統的な街並みが残る安来。 大好きなものを届ける人の想いは、あなたの心をやさしく照らします。 西灘通りの情緒ある古民家の絵本屋さん 島根県安来市安来町に「子どもの本つ〜ぼ」はあります。オープンは2017年。安来には昔から、神在月(かみありづき)に全国から出雲の国に集う八百万(やおよろず)の神々が、一息おやすみをするという民間伝承を持つ十神山があります。(みちくさ便りの由来もここから来ています)その麓にある安来港は、古くからたたら製鉄などを積み出す港として大変栄えました。港へと続く市街地の西灘通り(にしなだ)は今も懐かしい建物が残る街並みです。その一角に「子どもの本つ〜ぼ」はあります。改築工事の時に壁から出てきた新聞紙をみると明治18年と記載されていたそうです。おそらく幕末頃からある建物ではないかとのことです。お店の中に入ると市ヶ坪さんの大好きな絵本や雑貨工芸品が出迎えてくれます。 絵本の魅力をローカルで届けたい。 市ヶ坪さんと絵本の出会いは大人になってから。最初の入り口に童話作家の今江祥智さんがいたことも大きく影響しています。そこから絵本の世界にのめり込んでいったそうです。大好きな作家に直接会いに行くにつれ、いつか絵本にどういう形でか関係する仕事がしたい、自分の大好きな絵本を一人でも多くの人に届けたいという強い思いが市ヶ坪さんを動かしました。 ものづくりの人々を世の中に届けたい 子どもの本をまん中に、わくわくどきどきするもの、心和むもの、美しいものを届けたいと思っていたそうです。陶芸家や伝統工芸など、ものづくりの人々への憧れが昔からあったという市ヶ坪さん。ご自身は、ものを作る人と使う人の間に立ち、ものと関わりながら、それを伝え届けたいという思いがあったそうです。「子どもの本つ〜ぼ」のもう一つの顔、ギャラリースペースはそんな市ヶ坪さんのものづくりへの愛情の証です。 なぜここ安来にお店を出したのか?