watashichannel.com
Maruya- High-end Sushi Bar @Mission
サンフランシスコで初めての本格的な「江戸前寿司」 Maruya 去年の11月、「新しい寿司屋がオープンしたらしい」とフーディーな友達から知らされた。彼が手にしていた記事には、アメリカのどこにも無いようなシンプルでエレガントな店内が映し出されてた。 寿司の写真も握りと肴だけでロール等は一つもない。「これは本物らしいね」。私たちは予感していた。それからから数ヶ月後、今「Maruya」は、地元メディア、口コミサイトで「サンフランシスコ一の寿司屋」という評価を得ている。 ミッション地区にレストランがオープンする度にメディアとフーディー族の注目が倍増するのは周知の事。しかしこの道40年のベテランオーナーシェフ、佐々木雅喜氏は、「美味しいものを提供するだけが目的なので、地域は全く意識していません」と一言。「東京にある上質な江戸前寿司を出したかったんです。その為の規模だけを考慮しました」という佐々木氏の店造りは、長い寿司職人としてのこだわりであり、理想である。 トレンディーなミッション地区だがバートの駅の近くは様相が違い、低所得者層が多い。そんな通りに看板も何ももない、ドアだけが妙に新しくおしゃれな入り口がある。そこが「Maruya」だ。中に入ると、全く無駄が無い、シンプルな構えに大きなカウンターと木造りの戸棚が高級感を醸し出している。木のぬくもりを表現した内装は彼のこだわりの一つ。あらゆる材木屋を周り探し出したとっておきの黒グルミ(ブラックウォルナッツ)を使用したカウンターは、どの店よりも美しく、おもてなし感がある。カウンター、テーブルにあるのはテーブルセットのみ。よくありがちな醤油セットなどは置かない。このシンプルさがいい。 佐々木氏は、80年代からベイエリアの寿司レストランのあらゆる流れを見てきた。NYでマリオットマーキース内の 「Kasen」、「Blue Fin」でエグゼキュティブ寿司シェフを努めた後、SF「St. Regis」内でプライベートシェフを経て、初めて自身の店を構える。一方、パートナーの末吉秀文氏(すえよしひでふみ)はNYとLVのトップ日本食レストランの寿司シェフを勤めたベテラン。二人の創造力がコラボする。