watashichannel.com
Japanese sake with Yoshi@corkage
「良い酒作りは子どもの様に愛情を注ぐ事」 美しい酒蔵の伝統を伝えたい ――――― Sommelier/ Yoshi Sako @ Corkage SF Yoshiは、2008年に日本で利き酒氏の資格をとってから、彼の天性でもあるコミュニケーションを活かし、Sake&Wine shop,「Corkage」でマスターとして働いている。 彼はお酒を紹介する時に、まるで自分で育てたように、ひとつひとつ愛情を込めて特徴を説明する。好きな酒になると目を輝かせながら、話しに花が咲く。これほど楽しみながら仕事をしている人といっしょに酒をテイスティングすると一層美味しく感じられる。そして客の気分や好みを理解しながら、酒をグラスに注いでくれるのも、Yoshiならでは。 もともと彼は音楽に憧れアメリカに来た。彼の好きなものの多くがアメリカにあった――映画、音楽、そしてアート。音楽活動はアメリカに来てからずっと続けている。利き酒氏になったのは、Shopのマスターを任されてからという。Yoshiが働いていたバイト先で、「Sake bar」オープンの相談を持ちかけられた。「元々日本酒が大好きだったし、自国の文化をアメリカに伝える仕事がしたかったんだ。そのなかでもSake sommelierは僕のパッションを持って研究を続けられる遣り甲斐がある仕事。きっとタイミングが良かったんだね」とYoshiは言う。 ついつい固くなりがちな伝統文化を遊び心を混ぜてアメリカ人に教育する。日曜日の酒クラスでは受講者達は和気藹々で、興味津々に色々な質問を投げかけてくる。そんな光景を見ていると、いつかこんな日本酒のテイスティングが楽しめる場所が増えれば良いと思う。 Yoshi は酒教室のエディケーターでもある。早速日曜日の酒クラスに参加した。 まず、基本的な説明、純米、吟醸、大吟醸の説明、酒作りの工程の説明の後は、お楽しみのテイティング。酒の種類は全部で5種類。 Starter: 月の桂 琥珀光 生(Tukino Katsura "kohaku Hikari" Junmai ginjyo nama) Region: Kyoto 日本酒のお酒の30%が関西で作られているというが、これは山田錦というお酒に相性の良い米の生産地でもあるからだろうか。フルーティー、リフレッシングでスターターに最適!