share-art.jp
~心を奏でる筆~金澤翔子展
生命力あふれる書とともに、ダウン症の書家としてはつらつと生きる姿が多くの人々の共感を寄せる金澤翔子氏。弱冠二十歳で初の個展を銀座画廊にて開催、鎌倉の建長寺・京都の建仁寺で開催される個展には毎年多くの来場者が訪れます。力強い筆跡と清らかさに溢れた表現力は、癒しとあすへの活力を与えてくれます。 本展では、エネルギーに満ち溢れた書作品の展示販売を行います。また、12月6日(金)午後2時からは金澤翔子氏による席上揮毫(きごう)・トークショーも開催予定です。 ぜひこの機会に素晴らしい書の数々をご観覧ください。