neol.jp
藤代冥砂 小説「はじまりの痕」<br>#1 裏の森
 7年ほど前の話になる。  沖縄に移住して一年に満たない頃のこと。 当時住んでいた宜野湾嘉数にある外人住宅裏の急斜面の藪森から、伸び放題の雑草たちが裏庭に進出して、ただでさえ湿気の多い土地をさらに陰鬱