neol.jp
藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#3 瞑想
夜明け前はいい。一日で最も好きな時間だ。夏ならば、庭に出て星々が西に下るのを眺めている。冬ならば、部屋の中から窓の外を眺め、灯油ストーブの側で鳥の鳴き声を待っている。 多くの生物がまだ眠っている世界と