twitter.com
平野正喜@新作歌舞伎&脚本「欠損の数式」公開中 on Twitter
“ただ、この映画が15歳だった私に教えてくれたことは、その後の私が18年間のサラリーマン生活を生き延びた一因かもしれない。「橋が遠すぎただけのことだ」と言い捨てるような先達が世の中にいることと、そいつに着いていくと死ぬことを。”