twitter.com
平野正喜@新作歌舞伎&脚本「欠損の数式」公開中 on Twitter
“当時よりはWW2に関する知識も増え、物書きの視線で見ることも少しはできるようになったので、退屈することはなく、悲惨で愚かな顛末を憶することなく映画化した良作と感じることはできた(でも、やはりつまらないが)。”