staylinx.jp
ムダに厚い不動産の査定書は全く意味がない!【上級宅建士が解説する保存版】
不動産を売却することになり、不動産屋さんに査定依頼すると、たくさんの査定書が送られてくるかと思います。厚い査定書もあれば、A4の紙1枚にまとめられた簡単なものまでありますから、どの査定書を信じたらいいのかわからなくなるはずです。そこで、不動産屋さんが何を考えて査定書を作成しているのか?そんな仕事の裏側を交えながら、不動産の査定書について解説します。不動産業界15年・宅建マイスター(上級宅建士)・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~【目次】1.日本人が大好きな不動産の「分厚い査定書」はハッキリ言って意味がない!2.厚みのある不動産査定書の中身はどうなっているの…?3.不動産査定システムで算出した金額はズレすぎる。実は査定額をいじっている!4.不動産査定システムの計算式にあてはめる数字(評点)を自分で決めるのはムリ!4-1.土地の査定方法4-2.建物の査定方法5.不動産査定書に難しいデータを使う理由は法律が根拠を求めているから!6.私が不動産を査定する場合…7.どうしても細かい内容の不動産査定書が欲しいなら…8.最後に…