720.co.jp
世の中、資格ばっかりですね・・・
そのホームページをのぞいてみると次の様に「創設20年余。幅広い知識を有する不動産のプロ」だと「受験対象者は3つの国家資格登録者の方のみ」!宅地建物取引士資格登録者、不動産鑑定士登録者、一級建築士登録者の資格を持ってる人が宅建試験にはない、経済・金融、建築、税制など幅広い知識が問われる試験をおこないそれに合格した人で、受験資格となる国家資格登録者として、5年以上の実務経験があれば「公認不動産コンサルティングマスター」として登録出来るという資格です。そして、不動産に関するプロフェッショナルとして、売買、賃貸借に関わる相談はもちろん、土地や建物の有効活用、不動産投資、不動産を中心とした相続の相談まで、幅広くお応えします!と書かれています。この資格でフィー(金融関連サービスに対する対価として手数料を取り立てる業務の総称。金融自由化の進展により預金・貸出などの収益性が低下していることから重視されるようになった。手数料業務。)を戴くのはものすごくハードルが高いです。その資格を持っていて具体的に手数料をもらえる人は、ほんとにごく一部です。登録をして、更新の為には「自己研鑽を継続し、不動産コンサルティングに関する知識・技能を保持することが求められます」と努力も必要です。とあります。かくゆう私も不動産コンサルティングマスターの一員ですが、本当にこの資格があるから儲けれるものではありません。最近は、資格があっても食えなくなってきています。士業と言われている人も人間的につながっているかその業種のすごいスキルを持っていてその人にしか出来ないなどの事柄がなければ食べていくのが難しい世の中です。また、資格はなくても現実に人間関係だけで商売をされている人もいます。不動産業界にも未だに不動産ブローカーと言われ、俗にいう「走り」という人たちです。それだけではなく、不動産業の免許を有している会社も別に代表は「宅地建物取引士(宅建士)」も持っていなくても全然問題ありません。社員が持っていれば良いのですから・・・それでもセミナーは出来るし、仕事は出来るわけです。これからの時代、誰を知ってるか、誰を使うか、誰に頼むか、そんなところが大きく問われる時代になってきました。この5年間で世の中、もっとすごく変わることでしょう!だから知ってもらうことも大事だと考えています。。スキルアップして、すぐに行動できるようにいつも用意しかなら、これからも頑張っていきます。