720.co.jp
所有者不明の土地!
そうそう!最近、ワンダーランドの近所でも所有者不明の土地が増えている!登記簿を調べても登記が古く名義人も変わっていない状態だ!不動産屋は、結構、空き家を調べて、売り物件にならないかと思い調べたりするものだ!しかし、持ち主は不明!でも、大阪市等は、固定資産税を徴収するために、納付書を送るところを調べてる!しかしながら、徐々にその固定資産税台帳に載っている人すらわからなくなってきている!又ここに来て、所有者不明の土地が増えている。法務省は8日、これらの問題を解消するため、民法と不動産登記法を見直すと発表した。山下貴司法相は、「所有者不明土地は民間の土地取引など土地の利用を妨げている。対策は政府全体で取り組むべき重要な課題だ」と言ったそうだ!所有者不明の土地をなくすためににだ。不動産屋としては、画期的な法律だ!また、こうした所有者不明の土地は所有者が亡くなった後に相続人が決まらず放置されたり、相続人が登記簿上の名義を書き換えなかったりして発生する例が多い。相続人同士が遺産分割を話し合いで決める期間にも制限を設けたり、土地の所有権を放棄できるようにする制度も検討したりもするらしい。例えば「遠方に住む親から土地を相続したが、手入れが難しく手放したい」などのケースでも、現在は放棄を認められていない。相続人のいない土地も活用できるように、また、被相続人が複数の土地を持っていた場合、債権者などが土地ごとに相続財産管理人を選任できるようになるそうだ。管理人は相続人がいないかどうかを調べた上で、土地をもらうべき人に分けたり、売却して債務の支払いに充てたりする。事などを考えている。今、不動産相続の相談窓口のセミナーを開催しているが、実際の売買の取引でも、この相続登記がきちんと出来ていないことなど、売買がはかどらないことが多々ある。揉めない為の相続を考えればこれほどありがたいことはない。絶賛するものである。