tomioka-shoten.co.jp
happa
山桜の木から1枚の葉が生えているような遊び心あふれる茶筒 従来の樺細工の茶筒に一工夫し、葉っぱの形をした茶箕を、蓋の部分に装着できるようにしています。 山桜の木から「葉っぱ」が1枚生えているようなイメージで、遊び心を加えてみました。 茶箕は錫製。表裏に葉脈をかたどるなど、ちょっと凝ってみました。 このように茶筒と茶箕を一体化にすることによって、実用性と見た目の楽しさを同時に満たすアイテムとなっています。 【デザイン】橋本夕紀夫 【伝統工芸】樺細工(秋田県)、高岡鋳物(富山県)