kseki.net
安室奈美恵、ストイックな完璧主義者が決断した絶頂期での電撃引退発表(スポーツ報知) | エントピ NEWS速報
 歌手の安室奈美恵(40)が20日、公式ホームページで来年のデビュー記念日の9月16日をもって引退することを電撃発表した。今月16、17日に沖縄で25周年記念公演を行い、この日に誕生日を迎えた。引退の理由などは明かしておらず「本人にしか分からない」と関係者。所属レコード会社によると、11月8日(予定)にベスト盤を発売し、引退までの1年間で日本やアジアでツアーを開催する。14歳でデビューし、四半世紀を第一線で走り続けた。全作品の総売り上げ3700万枚を誇る歌姫が、節目を機に表舞台から去る。 「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しました」―。40歳の誕生日を迎えたこの日の午後6時50分、公式HPで引退を電撃発表した。 「引退」がない世界で、活動休止ではなく、引退。40歳という若さで決断を下した。HPで「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」とファンに報告した。引退の理由は一切明かしていないが、5年ほど前から、近しいスタッフに「40歳ぐらいで退きたい」と明かすこともあったという。 周囲を寄せ付けないほどストイックに、自分が表現したいものを追求する完璧主義者。11年の公演では、喉の調子を理由に6曲でライブを打ち切ったこともあった。負けず嫌いで「劣化」という表現を極端に嫌がった。いまだ人気、実力ともに衰え知らずのまま第一線を走り続けるが、デビュー25周年、さらに40歳という節目を迎えた。絶頂期で引退という自身の美学を貫いた形だ。 92年「SUPER MONKEY'S」としてデビュー。95年4月のソロデビュー後は"アムラー現象"を巻き起こした。史上初の10代、20代、30代の3世代にわたってミリオンヒットを記録するなど、ヒット曲は数知れず。ただ、活動スタイルは年齢を重ねるごとに変わっていった。結婚、出産後、さらに30代になってから。地上波テレビに出演しなくなってから、もう7年もたつ。何よりファンと向き合うことを大事にしてきた。