kseki.net
『愛してたって、秘密はある。』全ての原因は遠藤憲一だったーー最終回に向けて、物語は大詰めへ(リアルサウンド) | エントピ
 前回、奥森晶子(鈴木保奈美)の自首により、事件が本格的に動き出した『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)。全ての罪をかぶろうとした晶子に奥森黎(福士蒼汰)は口笛を吹き、上機嫌な姿を見せるという衝撃的な展開で幕を閉じた。第9話では奥森皓介(堀部圭亮)の胸の内が明らかになり黎が大きな決断をすることになる。 「もう限界だったんです」と警察に夫のDVを打ち明ける晶子。庭が掘り返され、骨が送られて来たことも警察に伝えたことによって、本格的に奥森家が捜査されることに。本当のことを話そうとする黎に「いざという時はこうするって決めてたの。黎の人生を守れて母さん幸せ」と説得。黎は歯を食いしばる。 晶子の逮捕を聞きつけた爽(川口春奈)の父・立花弘晃(遠藤憲一)は「爽とは別れろ。あいつを殺人犯の家族にするつもりか」と黎に告げる。黎は声を震わせながら「別れるしか無いと思ってます」と言葉を返した。どうにもならない現実が迫っているなか、爽から婚姻届を渡された黎は「俺ずっと嘘ついてた。知ってたんだ父さんが殺されたって。父さん、母さんが殺したんだ」と唇を噛む。部屋を出て行こうとする黎を、それでも引き止めようとする爽。「ごめん。今までありがとう」と言い捨て、黎は飛び出した。またしても嘘を塗り重ね、その結果、最愛の人を失った黎。その手から幸せがこぼれ落ち、泣き崩れてしまう。 香坂いずみ(山本未来)の事務所には、皓介の日記のコピーが何者からか届けられた。そこには皓介の心中が綴ってあり、事件の全貌が書かれていた。これを読んだ爽は黎にコピーを渡し、弘晃と話をすることに。弘晃は風見忠行(鈴木浩介)の父親を検挙するために、皓介にも取り調べを行なっていた。連日の脅迫じみた、でっち上げの取り調べに皓介の心は疲弊し、次第に晶子へ暴力を振るうことになった。そして晶子、黎への謝罪の気持ちが日記には書かれていた。弘晃はこのことで晶子と面識があり、口裏を合わせ息子たちに隠していたのだ。