kseki.net
TBS土井敏之アナ、W杯の絶叫実況がヒンシュク買ってしまうwww | エントピ NEWS速報
 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦を放送したTBS・土井敏之アナウンサーの実況に、賛否両論が寄せられている。 試合中「実況うるさい」「自分に酔ってる」などの声がインターネット上で相次いだ。不評の理由は、間断なく絶叫するスタイルに加え、「ルジニキの城壁」「要塞」といったサッカー実況では聞き慣れない独特の比喩表現にあるらしい。「そこ声張るとこじゃなくね実況?」 土井アナの実況が賛否を集めたのは、2018年7月1日深夜にルジニキ・スタジアムで行われた決勝トーナメント1回戦・スペイン対ロシア戦。優勝候補のスペインが無数のパスを回しながらゴールに迫るものの、ロシアが組織的な守備でスペインの狙うスペースをつぶし、虎視眈々とカウンターを狙う、といった構図で試合が進んだ。 土井アナが「うるさい」と言われてしまったのは、ボールを持つ選手名を逐一読み上げたり、「侵入!」「倒れる!」「チャンスだ!」「もう1回!」など、たびたび絶叫したりしていたのが大きいようだ。スペインはパス本数が多く、名前を連呼するシーンがより多くなった。ツイッターやネット掲示板では、 「黙って実況してほしい」 「実況は突然叫んでうるさい」 「そこ声張るとこじゃなくね実況?」 「名前連呼してればいいとおもってる実況なんなの」などといった声が相次いだ。 いっそうスイッチが入ったのは、1-1で迎えた後半途中。満場の観客席から、タイミングを合わせて一斉に手を叩く音が聞こえてきた。W杯初出場のアイスランドサポーターが行ったバイキング・クラップに触発されたのだろうと、 「ロシアですが、バイキング・クラップですか...まさかのルジニキ・スタジアムでバイキング・クラップ! 自然発生的に起きたんでしょうか?! 」と、土井アナが興奮。「ロシアン・クラップ」と名付け、守る時間が長いロシアに照らして、 「アイスランドと同じように、『守る間は我慢して守っていいんだぞ』と勇気づける意図ですかね。『大丈夫、君たちは今、劣勢じゃないんだ、守っているんだ、守れている』ということをサポーターが後押ししているようなクラップです。スペイン、岩盤のような守備を崩せるか?! 」と述べた。 「少しずつ城壁に亀裂が入っています!」