kseki.net
森くん復活プランも 民放各局"元SMAP退所組起用"のホンネ(日刊ゲンダイDIGITAL) | エントピ
ジャニーズ事務所を退所した「元SMAP3人衆」――稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)に対し、地上波キー局が注視しているという。それもひとえに、今月2日21時から3日間にわたってネット上で放送された「72時間ホンネテレビ」の累計視聴数が7400万という驚異的な数字をはじき出したから。ツイッターの番組関連ワード総ツイート数も508万超。彼らの変わらぬ人気が証明され、"高みの見物"を決め込んでいたキー局がアタフタしているというわけだ。 3人は退所後、地上波でのテレビ出演はレギュラー以外、控えている。いや、控えざるを得ない状況に追い込まれているというべきか。「古巣のジャニーズ事務所からクレームの類いが入ったことは一度もありませんが、稲垣、草なぎ、香取を新たに起用することには消極的だった。"ホンネテレビ"の放送までは、メディアで報じられている忖度があったと断言します」(某民放キー局の編成マン) ところが、だ。 「20~30代前半の若手局員から編成部に、退所組をキャスティングして欲しいという要望が上がっているんです。それに並行するように、彼らが所属するカレンの方にも内々ですが、各局からオファーが寄せられている。"ホンネテレビ"が記録した7400万という視聴数は、視聴率に換算すると4%程度ですが、放送後の反響からも分かるように訴求力はバツグン。そもそも3人の潜在視聴率は、稲垣11%、草なぎ10.5%、香取が11.4%と高い数値。視聴率15%超えが十分に狙える。最も旬なタレント集団です」(別の民放キー局制作関係者) ■「森くん」芸能界再デビューの仰天プラン浮上 水面下で進められているという3人衆の争奪戦。 実際に、「フジテレビは3人をメインに立てた企画が進行していて、それに追随する形で、準キー局でも新番組の立ち上げが噂されている。年明けあるいは4月の改編期にサプライズ発表があるのでは」(芸能プロ関係者)。 そんな破竹の勢いを象徴するかのように、チョー仰天プランまで浮上。"ホンネ"に出演した森且行(43)の芸能界再デビューである。