kseki.net
何時に起きるのがベスト?合格する生徒の睡眠法(ホウドウキョク) | エントピ
いよいよセンター試験まで、残り3か月を切っている。 受験生は寝る間も惜しんでラストスパート中だが、一方で睡眠不足は学習効率を落としてしまう。 そこで睡眠シリーズ第7弾は、睡眠のエキスパート、ニューロスペースの小林孝徳社長に「合格する生徒の睡眠法」を鈴木款解説委員が聞いた。 ーー受験シーズンに突入しました。この時期になると、いくら睡眠が大切だとわかっていても、受験生は寝る時間を削って勉強せざるを得ないですよね。 10代の中ごろから後半は、本来人生の中で最も睡眠が必要な時期で、8~10時間の睡眠が必要だと言われています。にもかかわらずこの世代は、受験勉強や習い事で睡眠時間が犠牲にされがちなんですね。 受験シーズンとなれば、睡眠時間を短縮するのは仕方ないのですが、代わりに睡眠の質を最大限によくすることが必要になります。 睡眠の質を上げるための具体的な方法とは? ーー睡眠の質を上げるために、受験生は具体的にどうすればいいのですか? 先日、高校生に睡眠の習慣について話を聞く機会がありました。 多くの生徒は、家に帰ってから晩御飯を食べる前か後に1~2時間程度寝て、夜10時ごろから午前2時くらいまで勉強し、3~4時間寝て朝6時に起きるということでした。 学校や塾で勉強してきて、連続して家で勉強というのは、集中力がもたないので、いったん寝るということなのですが…。睡眠の原理からいうと本睡眠の前に1~2時間寝てしまうのは、夜の睡眠の深さを失ってしまうことになるので、「よろしくないな」と聞いていて思いました。 ーー帰宅後寝るのがよくないとなると、学校で寝ることになってしまいますが? 昼休みに15分でも30分でも昼寝をする習慣を身に付けるのはいいことです。椅子に座って机に突っ伏して寝る場合は、首を痛めたりしないように、飛行機で使うような首枕を使うのがお勧めです。もし帰宅後どうしても仮眠をとりたい場合は、布団に入って部屋を真っ暗にしてしまうのはよくないので、ソファなどで寝て深い睡眠にならないようにすることが必要です。 その場合も、首枕で首を固定して寝るといいです。 ーーやはり昼寝がいいのですね。ほかによい睡眠をとるのにおススメは何ですか?