kseki.net
武井咲は…?妊娠出産で"老けるvsキレイになる"人の違いを高須院長に聞く(女子SPA!) | エントピ
9月に電撃結婚&妊娠を発表したばかりの武井咲(23歳)。ディーン・フジオカとのW主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系・日曜22時30分~)が10月15日にスタートしました。 武井咲が妊娠4カ月ということで、ネット上では「ついお腹に目がいく」という声が多数。同時に「武井咲、やっぱりキレイ…」という称賛もあふれ、きっと出産した後もキレイなんだろうなあ…と思わせてくれました。 出産は母体にものすごく負担がかかるし、体重も増えるしで、「一気に老けた…」と嘆くママは多いもの。出産は命がけですからね。 一方で、黒木メイサや上戸彩のように、すぐにもとの美貌と体型に戻る人も。 妊娠・出産で、美貌がもとに戻る人と、戻らない人は何が違うの? 高須クリニックの高須克弥院長に聞いてみました。教えて、かっちゃん! ◆産後の復元力は、人によってかなり違う ――妊娠・出産すると、やっぱり女性の外見は変わりますか? 高須「変わりますね。ただ、変わり方は人によってずいぶん違うよ。子どもを3人産んでも見た目がさほど変わらない人もいれば、一人産んだだけなのに、お腹がたるんで戻らなくなる人もいる。 ほら、布だってそうでしょ。ちょっと畳んだだけでしわになっちゃう布もあれば、しわになりにくい布もある。人間の肌も同じなんですよ。復元力が低い人は妊娠線ができやすかったり、たるみやすかったりする」 ――「出産で老けた」という人は復元力が低く、「出産しても変わらない」という人は復元力が高い? 高須「そうだろうね。あと、妊娠中に急激に太ると、妊娠線ができやすくなる。妊娠線ってね、肌の下にある皮下脂肪が急に大きくなると、そのスピードについていけず、真皮や皮下組織の一部が断裂してできるの。妊婦にかぎった話じゃないんです。 相撲取りを見てごらんなさい。砂かぶり席からおなかを見てると、だいたいみんな妊娠線がありますから」 ◆若いほうが有利だけど…産んでみないとわからない ――ケア次第で、出身後の復元力を高める方法はありますか? 高須「ありません! 復元力がどれぐらいあるかは正直産んでみないとわからないしね。しいて予防策をあげるとすれば、年をとってから産むよりも、若いうちに産んだほうが多少マシなぐらい。肌の回復力は年とともに衰えていきますから。