kseki.net
清水容疑者キメセク疑い「薬飲まされた」風俗嬢通報(日刊スポーツ) | エントピ
ものまねタレント清水アキラ(63)の三男、タレント清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されたことが12日、分かった。東京・池袋のラブホテルで風俗嬢が「薬物を飲まされた」と110番し発覚。当初否認したが後に容疑を認め、尿検査で陽性反応が出た。"キメセク"をしようとした疑いもある。アキラはこの日夜会見し、涙を流し事務所からの解雇を明言した。 良太郎容疑者の逮捕容疑は9月下旬から10月10日までの間に、都内またはその周辺で、若干量の覚醒剤を使用した疑い。逮捕当初「使った覚えはない」と容疑を否認していたが、後に認めたという。 目白署などによると、10日午後1時40分ごろ、東京・西池袋2丁目のラブホテルで30代女性から「男に薬物を飲まされた」と110番通報があった。警察官が現場に駆け付け、車でホテルから出ようとしていた良太郎容疑者を同署に任意同行。同日午後5時ごろ、所属事務所社長で兄の清水友人氏が同署で身柄を引き受け、いったん帰宅した。 翌11日午後9時ごろ警察が都内の自宅を訪れ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たとして逮捕。家宅捜索したという。当時、アキラも自宅エリアにいたが、逮捕の瞬間はその場に居合わせず、見ていなかったという。関係者によると通報した女性は派遣型風俗店の従業員で、陰性反応だったが体調不良を訴え救急搬送されたという。女性の通報内容などから、良太郎容疑者は、薬物を使って性的行為をする通称「キメセク」を、この女性相手に強要しようとした可能性も浮上している。 アキラは12日午後9時15分ごろから会見し、涙で良太郎容疑者を突き放した。その約5時間前、都内自宅前で取材に応じた清水友人社長によると、良太郎容疑者は当初「遊んでいてトラブルになった」と説明し尿検査にも「大丈夫、大丈夫」と話したという。弟の逮捕に友人氏は「まさか、そこまでとは思っていなかった」と衝撃を受けていた。 所属事務所は同日午後、報道各社に「多大なご迷惑をおかけいたしました事、深くお詫び申し上げます」と記した謝罪ファクスを送信。逮捕について「事実確認を現在おこなっている状況」とした。良太郎容疑者はライブやディナーショーの予定がいくつか入っており、キャンセルの対応に追われているという。