watonai

7

Senjafuda (Kanda Matsuri)

天下御用神田祭禮之圖 稲垣蝸堂ほか画 1924年

21/29 十九番 多町二丁目 鍾馗 二拾番 永富町 龍神 二十一番 竪大工町 棟上(飛騨内匠) 二十二番 蝋燭町 関口町 松に杯酒樽

24/29 二十三番 明神西町 大国主命 二十四番 新銀町 鶴ヶ岡鳥居 二十五番 新石町壹 戸隠明神(天照大神と天手力雄命) 二十六番 新革屋町 弁財天

25/29 二十七番 鍛治町 小鍛冶 二十八番 元乗物町 佐々木四郎高綱 二十九番 横大工町 猿田彦神 三十番 雉子町 白雉子

26/29 三十一番 三河町一丁目 武内宿禰 三十二番 臺所町 石橋 三十三番 皆川町 義経 三十四番 塗物町 猩々

27/29 三十五番 白壁町 蛭子 三十六番 松田町 源頼義 番外 佐柄木町 神武天皇 番外 柳ばし 和藤内

28/29 番外 亀井町 浦島太郎

3

And you see that little white goldfish. That’s a Watonai goldfish. I spent months going to local fish stores looking for that specific variety until one day I found him!!! I was beyond excited and no one understood why but it was because that variety is kinda rare and super expensive!! I paid 5 bucks for him.  The last one in the picture ( the one with the red on the top of it’s head), that’s a Wakin goldfish. Also pretty rare, it took me forever to find one as well. XD 

Watonai, O-tsuji, Hotato / Furyu ningyo no uchi (Fashionable Dolls) / Kuniyoshi

風流人形之内 和藤内 おつぢ 坊太郎 歌川国芳 1856年3月

Shinjubutsu (Shinto, Confucianism and Buddhism) / Ningyo mitate (Doll Parodies) / Kuniyoshi

人形見立 神儒佛 歌川国芳 1856年3月

Furyu iki ningyo (Fashionable Living Dolls) The deity Saruta-hiko (right) holding a staff with one hand to his forehead, looks over at the goddess Uzume (left), two other dieties behind them. / Kuniyoshi

風流人形之内 さるた彦大神 うずめのみこと 歌川国芳 1856年3月

Ningyo no uchi to ten cho san bijin (Three Beauties of China, India and Japan as Dolls) / Kuniyoshi

人形之内唐天朝三美人 歌川国芳 1856年3月

Picture of Dolls (Ningyô no zu) / Kuniyoshi

人形之圖(鏡山) 歌川国芳 1856年2月

shibai banzuke (Playbills and Programs) / Kodera Gyokucho

芝居番附 15巻 小寺玉晁 1854~1856年(嘉永7年~安政3年)

引札 軽業 松浦守義(守美とも)? 画 1855年?

“大軽業げい? 太夫 玉本小糸 若太夫 玉本小新 曲太夫 玉本小太郎 太夫元 増鏡小扇”

※「清寿院にて」の書入 三番叟 道成寺? 汐汲 和藤内 浦島太郎 など

※玉晁の記事は見つけられなかった。安政2年2月の記事と3月の芝居番附の間に貼り込まれている。