voigtlander 25mm

flickr

Evening sky by Ted Tsang
Via Flickr:
Went to Kaohsiung city for celebrating the Mid-Autumn Festival with my family. Took this capture at the Martyrs’ Shrine of Kaohsiung after the Typhoon Meranti left.

flickr

Blue Morning by Ted Tsang
Via Flickr:
The morning blue hours at Aso city, Kumamoto , Japan. HBM!

flickr

Happy Chinese New Year! by Ted Tsang
Via Flickr:
Today is the Chinese New Year, wish you all have a wonderful new year of the Monkey! www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/china/12144891/ch… 祝各位新春愉快,心想事成,猴年行大運!!

flickr

top of the roof by Munemichi Hagino

flickr

Night in Fukuoka by Ted Tsang
Via Flickr:
The night view at Nakasu, Hakata Ward, Fukuoka. Fukuoka is well-known within Japan for having many yatai. A yatai (屋台) is a small, mobile food stall in Japan typically selling ramen or other food. The name literally means “shop stand”. The stall is set up in the early evening on pedestrian walkways and removed late at night or in the early morning hours before commuters begin to fill the streets.

3

今回の写真は、夜に撮影した梅の花。

夜桜に対して夜梅と言う言葉があるのかは知らないが、夜の梅もなかなかのものだと思う。

撮影に使ったレンズはVoigtlander NOKTON 25mm F0.95。
m4/3用レンズの中で最も大口径であり、最もオールドレンズライクな描写をするレンズだ。

一枚目は大胆にトリミングしたもので、開放で撮影した写真。
開放ではヴェールがかかった様にコントラストが低下し、被写体の縁は淡い光に包まれる。
m4/3のレンズでこんな描写をするのは、このシリーズだけだろう。
余り寄っていないのでこの程度だが、最短撮影距離ではもっとボケる。

二枚目はトリミング前の写真。
被写体を丁度真ん中に合わせて撮影したのだが、収差によるものかグルグルボケが若干出ていて、デジタル対応レンズとは思えない描写だ。

三枚目はF2.0まで絞った写真。
この辺りから急激に収差が消え、解像度と透明感のある描写に変わる。
F2.8~F4辺りの描写は解像度、透明感がまるで別物の様に高まり、艶っぽい描写をしてくれる。
私はこういったガウス型レンズの様な特徴を持つ大口径レンズが大好きだ。
周辺減光や角収差などが出たとしても、それをレンズの味だと受け取っている(破綻していなければだが)。

m4/3のカメラを使っている理由の一つはこのレンズがあるからだ。
そう思わされる不思議な魅力がこのレンズにはあると思う。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M10 + Voigtlander NOKTON25mmF0.95