tr 33

イスラエルは1948年の第一次中東戦争(イスラエルにとっての独立戦争)で、イギリスから盗み出した1機のモスキート PR Mk.XVIを第103飛行隊に配備し、同じくイギリスから盗んだ4機のブリストル ボーファイターと共に戦闘爆撃機として運用した[8]。独立後、イスラエルは総計約50機のモスキートを導入し、1951年7月に第109飛行隊 (ヴァレー・スコードロン)[9]、1953年には第110飛行隊 (ナイツ・オブ・ザ・ノース)[10]を編成し、ハツォール空軍基地での集中運用を行った。導入されたモスキートの多くは戦闘爆撃機型のFB Mk.VIで、少数の写真偵察型 PR Mk.XVI、および練習機型 T Mk.IIIも含まれていた。1955年にはイギリス海軍から退役した14機の雷撃機型 TR Mk.33が第110飛行隊に追加配備された[10]。PR.16および写真偵察型に改造されたNF.30は第115飛行隊でも運用された。これらのモスキートは1956年の第二次中東戦争に投入された後、1957年にイスラエル空軍から退役した。