the state hermitage

3

Kolyvan vase  1828-1843.
The State Hermitage Museum - Saint Petersburg, Russia.

The gigantic green jasper Kolyvan Vase is one of the finest creations of Russian stone-cutters, remarkable for its size and beauty of form. The vase that weighs almost 19 tons and is 2.57 m (8.5 ft) high was produced at the Kolyvan lapidary works (Altai). The bowl (5.04 x 3.22 m) was made of a great slab of greenish jasper found at the foot of Revnev Mountain, the stem was composed of three monolithic stones and one more huge stone was used as the base. 

It took two whole years to cut this single slab of jasper from the rock, a thousand men to haul it to the Kolyvan lapidary factory, and another twelve years to produce the finished masterpiece. The vase was designed by Avraam Melnikov and in 1849 it was raised in the New Hermitage by the means of hundreds of workers: it was placed in a hall that was completed after the placement of the vase itself, which would not otherwise have passed through access doorways. 

4

Folding fan of Empress Maria Feodorovna
C. 1867
Austria

© The State Hermitage Museum

Materials: Wood, silk carved and painted to imitate the Lily Of the Valley leaves and flowers. 

Веер деревянный, с резными раскрашенными пластинами в виде цветов и листьев ландыша.

5

大!エルミターーーーーージュ!展。

隠しきれない言いたいだけ感。 いえいえ、中身も素晴らしかった。 お友達がくれた池田理代子先生の「女帝エカテリーナ」で知った、エカテリーナ2世やエルミタージュの成り立ち、ロシアやその時代の諸国の物語。 想いを馳せながら鑑賞しました。

入るとすぐに、エカテリーナ2世がお出迎え。なんと平日限定でこちらの作品のみ撮影可能だそうで。どうですが、この堂々たるお姿。 同じ時代にオーストリアにはマリア・テレジア、フランスにはルイ15世がいたという…そりゃ心休まらないわ…

古いものでは500年以上前の作品から。 「”本物”は裏切らない」というコピーは、現代の私たちに向けられたもののようであり、実際には激動の時代を生き抜き、優れた美術品を持つことが権力の証であった時の支配者たちの心情であり、戦乱の中、破壊を免れて生き抜いてきた絵画たちそのものの声のようでもあり。

中にはツッコミどころ満載の作品もあり、なかなか面白かった。 バラッバラの鳥のコンサートとか、自分が悪いのに「俺、ショックー」みたいなハマンとか、「アンタ弾いとらんやんけ!」と言いたくなる陽気なヴァイオリン弾きとか。

でもやっぱり、お気に入りは「おそらく身分違いであろう」男女の『盗まれた接吻』。何度も戻ってしつこく観てしまった。

理代子先生の「女帝エカテリーナ」のクリアファイルもちゃっかり購入してほくほく。サンクトペテルブルグは猫もたくさんいる町だそうで、いつかは本物のエルミタージュにも行ってみたいな。

森アーツセンターギャラリーで6月18日(日)まででございます。