spamster

スパムスター
 大群で押し寄せて、意思疎通を邪魔するハムスター。自然に発生するいきものではなく、あるいきものが自分のために飼育し、繁殖させ、野に放つことで生息域を広げている。現在、スパムスターのほとんどはメールルーサに擬態し、カミナリグモの網を伝ってやって来るが、いきものがくつろぐための集会場に押し寄せたり、あるいは直接的に巣を訪れたりすることもある。また、このスパムスターが擬態したメールルーサは、メイワクメールルーサとも呼ばれ、カミナリグモの網に余計な負荷をかける要因となっている他、病気を伝染させる媒介にもなっている。
 威嚇や防衛のために、自分の体を大きく見せたり、あるいは偽の警戒色で毒を持っているかのように装ういきものは数多く存在する。また、異性を惹き付けるための求愛行動は、繁殖期のいきものにとっては本能から来る当然の行為である。これらと同じように、エサを得るための手段として、自分が何を作っているかを広く知ってもらうためのディスプレイを行ういきものがいる。シンブンキジ、テレピジョン、カミナリグモなどの活動範囲が広いいきものを利用し、なるべく多くの土地で、たくさんのいきものに呼びかけるのである。そして、スパムスターも、この行動に用いられるいきものの一つである。
 しかし、普通のいきものがスパムスターを使うことはまずない。このいきものを利用するのは、見つかればすぐに処分されるような害獣であることがほとんどである。すなわち、それらのいきものが提供すると主張している品物は実際には存在せず、スパムスターの鳴き声に含まれているのは、エサをだまし取るために作られた嘘なのである。それらは例えば、食べると痩せる木の実、簡単に異性と出会える集会場、サンテンホウシギの巣で玉を勝ち取る方法など、どう考えても存在し得ないものであるが、スパムスターは、それらの品物を得て満足したという嘘の体験を伝えて回る。また、近年増加しているのは、実際には交わされていない約束に基づいて、エサの交換を要求するタイプのスパムスターであり、この手法は、オレオレオの狩りに近いものがある。中には、やけに作り込まれた壮大な物語を聞かせることで、対象を混乱させるものもおり、その内容は少し面白い。
 スパムスターによるディスプレイは、特定のいきものに向けたものではない。行けるところまで行け、誰でもいいから見つけたら誘えと、しつけられているのである。よって、このいきものの要求に応じる必要は全くない。うっかり自分の名前や居場所を教えてしまったり、エサを与えたりすると、より多くのエサを失うことになり、最悪の場合は命まで奪われてしまう。ただし、普通のいきものが、そのような事態に陥ることはまずない。騙されるのは、自然界の厳しさを知らない若いいきものか、ジョウジャクトリムシのような知能の低いいきものだけである。
 このような被害を防ぐべく、多くの生態系がスパムスターの存在を察知し、処分できるように、様々な対策を講じている。しかし、それ以降に発生するのは、罠をすり抜けるようにしつけられた、または品種改良をほどこされた、新種のスパムスターである。再びこれらに対応して新しい罠をしかければ、また新しい種が作り出され、不毛ないたちごっこはいつまでも繰り返される。太古の昔から存在する進化の回し車は、今もなお止まらず、空転し続けているらしい。

Spamster
 Spamster is hamsters that rush to other CREATURES in a large crowds and interferes with communication. They are not a naturally occurring CREATURE, and are expanded their habitat by a certain CREATURE’s breeding them, propagating them, and releasing them to the field. Currently, most of the Spamsters mimic Mailuza, and they move along the Cyber Spider Web. However, they sometimes rush into the meeting place for CREATURES to relax, or sometimes visit the nest directly. In addition, the Mailuzas mimiced by this Spamsters, also called Junk Mailuza, are a factor that puts an extra load on the Cyber Spider Web, and they are also an intermediary to transmit diseases.
 There are many CREATURES that  for intimidation and defense, make their bodies look bigger or that feign that they have poison with false aposematic coloration. In addition, courtship behavior for attracting the other sex is a natural behavior that comes from instinct for the CREATURES in breeding season. In the same way as those, there are CREATURES that act a display to spread the knowledge about what they are making as a means to get feed. They use CREATURES having a wide range of activities such as Newspapersants, Telepigeons, and Cyber Spiders,and call to many CREATURES with as many lands as possible. And Spamsters are also one of the CREATURES used for this behavior.
 However, ordinary CREATURES scarcely ever use Spamsters. What make use of this CREATURE are mostly vermins that will be disposed of as soon as they are found. That is, there are actually no goods that those CREATURES claim to provide. And what is included in the Spamster’s cries is a lie for cozening feeds. For example, those are what can not exist without a doubt, such as fruit that it can make to slim when eating it, meeting places where it can easily find the other sex, and ways to win balls in the Three Shonipe’s nest. However, Spamsters convey the experience of lying that someone got satisfied with these goods. Also, What is increasing in recent years is Spamsters of type that force to do exchanging of feed based on promises that are not actually made. This approach is similar to Grandkids Swindleo’s hunting. Some have confused targets by telling the grand story that was built very much, and the content of this is a little funny.
 The Spamster’s display is not intended for a particular CREATURE. They are disciplined to go as far away as possible, and to invite if they find anyone. Therefore, there is no need to respond to the request of this CREATURE at all. If it inadvertently teaches its name and whereabouts, or gives them feeds, it will lose more feed, and in the worst case it will be deprived of its life. However, ordinary CREATURES are unlikely to fall into such a situation. What is fooled is only young CREATURES that do not know the severity of nature, or CREATURES with low intelligence such as Illliterate Informeasuring Worms.
 In order to prevent such damage, various measures that can detect the existence of Spamsters and dispose of them are taken in so many ecosystems. However, what emerges after that is a new kind of Spamster that was trained to pass through these trap, or that was made by the breed improvement. If new traps are laid again by responding to these, new species are created again, and a cat‐and‐mouse game are repeated forever. It seems that the hamster wheel called evolution that exists from the ancient times has not stopped even now, and continues idling.