nikon nikkor dx

3

僕は昭和 41 年生まれなので、こうした風景は日常的に見ていた。
家から数分のところに「どんぐり広場」と言う公園があり、そこにはブランコやジャングルジムなどの遊具もあったが、子供達に人気があったのは、こうしたただの土管だったりしたものだ。

またこうした焼杉やトタンの壁なんかも普通にあったものだ。
ホーローの看板も懐かしい。水原弘のハイアースや大村崑のオロナミン C なんかはしっかりと記憶している。

前にも書いたことがあるが、僕が物心ついた頃には、戦後わずか二十数年した経過していないにも関わらず、戦争の痕跡はほとんど見当たらなかった。
名古屋城も復元されていたし、僕の実家のあたりは一面焼け野原になったらしいが、満遍なく家が立ち並び商店街は賑わっていた。

仮にそれが昭和 45 年だったとして、今が昭和 45 年だと考えると、戦争が終わったのが平成 5 年である。
平成 5 年といえば、皇太子と雅子さまが結婚された年だ。

まァ、一昔前の印象はあるが、それほど大昔でもない。
24 年という月日はそういう月日だ。
生まれた赤ん坊が、すでに社会人になっている。

しかし写真で見る限りの話だが、あれほど灰燼に帰したといっていい街が、その時間で破壊の痕跡すらも残さずに元通りになっていたのには、改めて驚く。

むかしは良かったなどという積りはない。
実際良い訳がないのだ。
現代の利便性などに頭の天辺まで浸りきった僕らが、過ぎた時間に対して抱くノスタルジーは、結局記憶の浄化でしかないのだ。

ただぼんやりと思うことには、やはりあの頃は楽しかったということ。

flickr

Pork Buns by Bradley Burgess

flickr

Cumberland House, Kivas Tully, Victorian Romanesque Revival, 1880 - Colonel Samuel Smith Park, Etobicoke, Toronto by edk7
Via Flickr:
Originally the residence of the superintendent of the nearby Lakeshore Asylum, also known as Mimico Branch Asylum, Mimico Insane Asylum, Mimico Hospital for the Insane, Ontario Hospital, Mimico, Ontario Hospital, New Toronto and Lakeshore Psychiatric Hospital. —- The house is currently a substance addiction treatment residential facility for women attending programs at the Jean Tweed Centre. —- Identified by Ontario Heritage Foundation and listed in Canadian Inventory of Historical Buildings —- Nikon Nikkor 18-200mm 1:3.5-5.6 G ED-IF AF-S VR DX DSC_9355 Anx2 1600h Q90

flickr

新緑と霞む富士 by Takeshi Kimura

flickr

Mystery beach by Chris Dimitrakopoulos

flickr

Porsche 911 Carrera RS by Steven Tyler PJs

flickr

2013 Winter Fuji by Shinichiro Saka
Via Flickr:
河口湖 大石公園 December 1, 2013 at 7.41AM JST

flickr

Oshinomura sunflower field by Takeshi Kimura

黄昏れるつつじ園

黄昏れてきて人も少なくなり、そろそろおしまいでしょうかね。

Nikon D90
Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR

粘りの桜のトンネル

粘って車が通らないタイミングで激写。しかし、ピントが奥の方になってしまった。手前の上の方あたりの桜にピントがあった方がよかったかな。粘った割には残念w。

Nikon D90
Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR