mpad

8

11月末に三重県津市で開催された「おいしいものを、すてきな場所で食べて、リーディングパフォーマンスを観る」企画 M-PAD2011 に、第七劇場は宮澤賢治『よだかの星』で参加してきました。

まずは全4団体のパフォーマンスが1日ずつおこなわれ、5日目に4つのパフォーマンスを一挙に津あけぼの座にて連続上演するという日程でした。第七劇場が担当した日は、塔世山・四天王寺の本堂の横にある禅室で、tayu-tauさんのフランス料理がふるまわれ、その後、障子を取り払い、きれいな庭園の中でのリーディングパフォーマンスをおこないました。半野外公演でしたので、寒い中での観劇ではありましたが、熱い拍手で応えていただけたことはとてもうれしかったです。

最終日の連続上演の際も、増席の上の満員御礼となり、4演目計3時間、熱気に溢れるすてきな時間を過ごさせていただきました。

主催の津あけぼの座・三重県文化会館としてもはじめての試みだったそうですが、会場や飲食店、カンパニーや観客の間に、とてもたくさんの新しい出会いがあり、公立・民間の共同事業が市民の生活の中に健全にコミットする豊かさを感じました。

ご来場いただいたみなさまに感謝するとともに、スムーズな運営とすばらしいスタッフワークで事業を支えていた津あけぼの座と三重県文化会館のスタッフに、厚い感謝と心からの拍手を送りたいと思います。ありがとうございました!

(上4つの写真の撮影は西岡真一さん/会場は津あけぼの座、下の4つの撮影は加納準さん/会場は四天王寺)

第七劇場 facebook ページにも舞台写真やオフショットを掲載しています。よろしければこちらもどうぞ。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.255902091139242.65608.123523277710458&type=3

Maganda Pa Ang Daigdig by Lazaro Franciso: Chapter 1 (Lihim Ng Isang Puso)

Okay so the novel starts out with this Miss Sanchez chick who’s like nag-eemote in her house in Pinyahan from this weird ass place called Bayan ng X srsly who names their town X omg but anyway yeah she was all emote-ing cause she saw this newspaper thing with the picture of Quiapo Church on it. So suddenly she goes to this weird flashback about what happened before. And what happened? Well her friend fucking died. Ikr? She died and shit so she decided to go to Ospital Heneral to fix some papers or whatever and to take home Ernestina, her friend’s DAUGHTER which is technically like illegal adoption but yeah sure fuck the police let’s adopt my friend’s daughter OKAY ANYWAY while walking this random guy snatched her bag and she was all omg but then this sexy pants wearing man came and retrieved her bag and she was too dumbstruck with whatever the fuck just happened so she didn’t get to thank him but dude how would she thank him, the sexy pants wearing man was like beating up the snatcher dude but then the police came and they accused the sexy pants wearing man of being the CRIMINAL which is TOTALLY STUPID LIKE WTF HE WAS DEFENDING HER NGA EH TENGENE BUT YEAH BECAUSE OF THE STUPID POLICE he was sent to jail and the snatcher was taken by the ambulance lololol buti nga but yeah anyway Miss Sanchez was all wondering what just happened cause it was all so fast and she was like trying to catch his name. It wasn’t too hard cause everyone kept going “Lino? Si Lino?” “Lino raw.” “Lino?” SO YEAH FUCKING DUH SHE GOT HIS NAME and she whispered it to herself while leaving the place through the Tulay ng Quezon cause she’s a dramatic piece of shit. And then like ever since then, she was always bothered by the name Lino cause like get she didn’t even help him with the whole getting accused thing pero her reason naman is that she’s like a principal and all and she doesn’t want to be dragged in any mishaps so yeah she casually slipped away and tried to forget the incident but obviously she DIDN’T.

Okay now let’s skip to the present. Aling Ambrosia, their labandera person like went to Miss Sanchez’ house because apparently she finally found a guy who could help with their bakuran. She tells him that his name is Lino Rivera and she was all LOLWHAT LINO OMG WUT but of course the reactions were all in her head, on the outside she tried to be calm and shit and asked about this Lino guy. Here is what Aling Ambrosia tole her:

-he’s Malaryado, meaning he’s prone to malarya (I think)

-he’s poor so he can’t cure his malaryado-ness

-he’s a binata but he has an 11 year old son named Ernesto

And then the chapter ends with her sitting down and talking more with Aling Ambrosia. OKAY NEXT CHAPTER LEZ GO.

Note:

The “lihim” in this chapter is Miss Sanchez’ secret about being saved by this guy and not helping him and crap.

4

▋津あけぼの座・三重県文化会館主催 M-PAD2011 に第七劇場が参加します

三重県津市内の飲食店・寺院を会場に素敵な料理と、俳優の身体を通じて名作・古典を読むリーディング公演「M-PAD2011」を開催。演劇の面白さの一端をお料理と共にお楽しみ下さい。いよいよ開幕!(全公演事前予約制)。

津のまちにはこだわりの食事や飲み物を味わえる素敵なレストランやカフェなど、様々な人々が集まり、食事を楽しみ、語り合える所が多くあります。そんなお店を舞台に、お食事を楽しんで頂いた後、さらに文学の名作や古典を東京・京都・三重の4劇団が店舗・寺院内で読んでいく・リーディング公演を開催演劇が劇場からまちに飛び出し、飲食店・寺院とコラボレート。飲食店などのお客様と、演劇のお客様が会することで新たな出会いや「越境」によるモノが生まれるかも。あたらしい演劇のかたちがココに。

▋日程:11月22日(火)~25日(金)
※全て18時45分開場・19時スタート

◎ProgramA・11月22日(火)
横光利一「春は馬車に乗って」
×中津軒(津市中央)
×shelf(東京)

◎ProgramB・11月23日(水・祝)
江戸川乱歩「赤い部屋」
×Cafe Hibicole(津市美里町)
×このしたやみ(京都)

◎ProgramC・11月24日(木)
宮沢賢治「よだかの星」
×塔世山 四天王寺(津市栄町)
×第七劇場(東京)

◎ProgramD・11月25日(金)
太宰治「赤い太鼓」
×割烹 両口屋(津市岩田)
×劇団Hi!Position!!(三重)

▋各会場料金:2500円
(お一人様・料理+リーディング公演)・各会場限定30席
※各会場18時45分より開場いたします。19時からお食事、その後リーディング公演という内容です。お食事+リーディング公演でおよそ1時間35~45分程度を予定しております。当日券の発売は行いません。

▋津あけぼの座・リーディング一挙上演
◎11月26日(土) 18時30分開場・19時開演・津あけぼの座
出演劇団:shelf・このしたやみ・第七劇場・劇団Hi!Position!!
(料金:前売1500円・当日2000円 50席限定)

▋M-PADとは?
三重県内で舞台芸術(パフォーミングアーツ)を飲食店や寺院など、劇場を飛び出しコラボレート。素敵な食事を楽しみ、リーディングによる公演も楽しめるがコンセプト。
お店が会場となりリーディング公演となる姿をお楽しみ頂くと同時に、演劇の面白さの一端を食事と共に楽しんで頂こうと思っております。今年は津市内4店舗の開催、今後毎年11月開催を目指し、店舗数・出演劇団も増やして参ります。

Mie(三重県)で、Performing Arts(舞台芸術)を、
Dinner(夕食)・Dining(食事)・Delicious(美味しい)

舞台芸術と食事・飲食店などの融合を考え、これらの頭文字を取って、「M-PAD」といたしました。

▋チケット販売・予約に関して
チケットは4つの方法で販売・予約を受け付けております。

(1)会場各店舗・寺院での販売
会場各店舗・寺院でチケットをお買い求め頂けます。なお、他会場のチケットは販売しておりません。

(2)三重県文化会館チケットカウンターでの販売
三重県文化会館1Fチケットカウンターでお買い求め頂けます。

(3)三重県文化会館ホームページからの予約
http://www3.center-mie.or.jp/center/bunka/event_c/2011/mpad.html
こちらからチケット予約ページにてご利用下さい。なお、会場での当日精算となります。

(4)津あけぼの座ホームページからのネットチケット予約・津あけぼの座電話予約津あけぼの座でのホームページからのネットチケット予約・電話予約を受け付けております。

▋M-PAD2011 スタッフ
主催:津あけぼの座三重県文化会館
照明・音響:有限会社 現場サイド
宣伝美術:橋本純司(株式会社ジェイアンドケイ)
写真撮影:松原豊(Office369番地)
技術監督:山中秀一
企画・製作:油田晃(津あけぼの座)・松浦茂之(三重県文化会館)・今井香菜(三重県文化会館)

▋お問い合わせ
津あけぼの座 〒514-0008 三重県津市上浜町3丁目51
TEL 059-222-1101
FAX 059-222-1109
Mail:info@akebonoza.net
http://akebonoza.net/