mobi

他所で買った電子書籍を Kindle で管理する
Kindle パーソナル・ドキュメントサービスを使えば他所で買ってきた PDF とかの電子書籍を Kindle で管理できるようになる。 今回は、その一連の流れを紹介してみようと思う。

まずは例に使う電子書籍を買うところから。 今回は O'Reilly のSQLアンチパターンを購入した。

次に、購入した本をダウンロードする。 O'Reilly の場合、最初から Kindle 書籍で使える形式 (.mobi) のファイルが選べるようになっていてありがたい。

ここからは Amazon 側の操作に移る。 まずは「コンテンツと端末」を開く。

「コンテンツと端末」の画面で、設定タブに移動する。

設定タブをずっと下の方に行くと「パーソナル・ドキュメントの保存」というところがあるので、保存設定が有効になっていることを確認する。 もし、有効でないときは右側のボタンで設定を変更する。 次に、承認済みEメールアドレスに、ドキュメントの送信に使う自分のメールアドレスを追加する。

ちょっと上に戻ると「Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定」というところがあるので、そこで購入した電子書籍を読むのに使うデバイスのメールアドレスを確認しておく。

メールアドレスがわかったら、次にそのアドレス宛に電子書籍を添付したメールを送る。 ちなみに PDF のときは件名に “変換” とだけ入れると .mobi 形式に変換してくれるらしい。

送信したら、あとは配信できる状態になるのを気長に待つ。 たぶん 10 ~ 30 分くらいはかかる。 「コンテンツと端末の管理」の画面で、表示をパーソナル・ドキュメントに切り替えると、配信可能になったドキュメントが確認できる。

あとはデバイスで同期すればおっけー。

ばっちり。 ちゃんと読んだ場所とかも記憶されるはずだよ!

ちなみに Kindle for PC/Mac を使えば .mobi 形式のファイルはパソコンで読めるみたい。

めでたしめでたし。
  • me:🎃🎃🎃 it's almost halloween 🎃🎃🎃
  • people around me:halloween is the end of october not the beginning
  • me:🎃🎃🎃 it's almost halloween 🎃🎃🎃
  • people around me:it isn't a month long holiday
  • me:🎃🎃🎃 it's almost halloween 🎃🎃🎃
17. Februar 2016

Besser als befürchtet, aber schlechter als gut: Das neue große Techniktagebuch

Weil das Techniktagebuch heute zwei Jahre alt wird, gibt es eine neue E-Book-Version. Die erste, “Wir hatten ja nix: Ein Techniktagebuch” erschien vor genau einem Jahr und hatte in der PDF-Version über 2000 Seiten. Für den damals gefassten Plan, alle drei Monate ein E-Book-Update zu produzieren, reichten meine Aufraffungsfähigkeiten nicht, sie reichten nur bis zur Erstellung von “Unendliches Volumen (Aber gedrosselte Geschwindigkeit)” im Mai 2015 (3431 Seiten).

In der neuen PDF-Version ist die Schriftgröße etwas kleiner als bisher, weshalb sie nur überschaubare 3798 Seiten hat. Wer auch das noch zu lang findet, kann für € 2,99 bei Amazon die komfortable Kurzversion erwerben, die nur die 101 allerbesten Beiträge seit Mai 2015 enthält.

Für alle ernsthaft an singenden Pixeln, bebrummten Papierstreifen und dramatischen Uhrengebrauchsgesten Interessierten führt kein Weg am Download der vollständigen Sammlung vorbei. Denn das Techniktagebuch gehört einem nie ganz allein. Man erfreut sich an ihm, aber eigentlich bewahrt man es schon für die nächste Generation – in den robusten Formaten PDF (142 MB), EPUB (136 MB) oder .mobi (234 MB).

(Kathrin Passig)